2009年3月 のアーカイブ

検察の国策捜査か

2009年3月25日 Filed under:政治

西松建設の献金問題に絡み、小沢一郎民主党党首の公設第一秘書が政治資金規正法違反で逮捕され、昨日、同法違反で起訴されました。まさに、いつ解散総選挙が行われてもおかしくないこの時期に、しかも、次期総理大臣の可能性の高い政治家の秘書を逮捕したことで、民主党執行部を中心に、「陰謀だ。」、「微罪での検挙は国家権力の濫用だ。」、「政治的影響力があまりにも大きく国策捜査だ。」などといった批判が渦巻いています。また大衆紙も立件が政治資金規正法違反だけで終わったことを受けて、「検察の大失態」などとセンセーショナルに報じています。

果たしてそうでしょうか?実際に特捜部に身をおいたことのある身としては、「陰謀説」などあり得ないのはよく分かっています。検察は、内閣、国会、政党といった政治部門の意向で捜査をすることはありません。それでは、政治的影響の大きいこの時期に微罪での逮捕、立件は国家権力の濫用であるとの批判はどうでしょう。これも当たりません。検察としては、3月末に違法献金額の約半分が時効にかかること、そして、任意で事情を聞いていた秘書が自殺を図るおそれがあったことから逮捕したまでであって、これは検察権行使のあり方としては至極全うな姿であると思います。 続きを読む

ユダヤの知恵

2009年3月14日 Filed under:刑事弁護

今、あるユダヤ教徒が巻き込まれた冤罪刑事事件を担当しています。この事件に携わるようになってから、ユダヤの教典タルムードやユダヤの文化・法制度に強い関心を持ち始めました。ユダヤの戒律や生活規範といったものが、古代からの知恵の集積であることが分かります。

私は刑事事件を専門にする弁護士であることから、よく次のようなことを尋ねられます。「どうして悪いことをした犯罪者を弁護する必要があるのか。」と。私はそんなときにはいつも決まりきった言葉を並べていました。「その人は無実かもしれないし、弁護士の助力を受けるのは権利だ。」と。でも、次のようなユダヤの知恵の深さの前には、私の言葉など一枚の答案用紙の重さすら感じられません。 続きを読む

相談無料

0120-971-195

土・日・祝日や時間外で緊急の場合は 中村勉弁護士本人へお電話ください

mobile.090-6305-8877

お問い合わせ