用語集

科料(かりょう)

財産刑のうち強制的に取り上げる金銭の金額が1000円以上1万円未満のもの。科料には執行猶予が認められない。

このページのトップヘ

仮釈放(かりしゃくほう)

刑務所、拘置所等の刑事施設に収容されている受刑者が改善更生のために相当であるとの法務省所管の地方更生保護委員会の決定により刑期満了前に一定の条件付きで釈放されること。

このページのトップヘ

家庭裁判所(かていさいばんしょ )

離婚・遺産相続、子の監護権決定などの家事事件の審判および調停ならびに少年保護事件の審判を行う裁判所。非公開の審判手続きがとられる。各地方裁判所とその支部の所在地に設置されている。

このページのトップヘ

鑑定(かんてい)

特別の知識、経験を有する者によって、事実の法則について、またはその法則を具体的事実に適用して得た判断結果についてなされる報告。

このページのトップヘ

鑑定留置(かんていりゅうち)

精神障害等で刑事責任能力の有無を判断するため、捜査機関が裁判所に請求し、認められたら勾留の一時停止の後、病院等で鑑定医が事件当時の精神状態を調べること。この結果により、罪が減刑されたり、不問に付されたりすることがある。

このページのトップヘ

鑑別所(かんべつしょ)

少年法の規定により、保護処分、懲役または禁錮の言い渡しを受けた16歳未満の少年に対する刑の執行のために家庭裁判所から送致された者を収容する施設。

このページのトップヘ

用語集トップへ戻る