付添人の実績「大学生の強制わいせつ事件で退学処分を回避」|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

付添人の実績「大学生の強制わいせつ事件で退学処分を回避」

刑事弁護コラム 付添人の実績「大学生の強制わいせつ事件で退学処分を回避」

結論

 非行事実なしを理由とした不処分決定を獲得しました。

事案の概要

 大学で所属していたテニスサークルで行われた合宿中に,宿泊先のホテルにて,後輩の女子学生にわいせつな行為を行ったとして逮捕された強制わいせつ事件。非行歴なし。

弁護方針

 逮捕当時,大学が夏季休暇中であったため,すぐに釈放されれば,少年は大学側に知られることなく,大学の授業に復帰できると考え,早期釈放の実現を目指すこととした。

弁護活動

初回接見から勾留請求まで

 少年の話を聞くと,逮捕事実の客観的部分は概ね間違いないようであったが,被害者の同意があった旨を主張したので,少年の主張を前提として,検察官にどう説明をしたら良いかを少年に助言して,その日の接見は終了した。そして,少年が嘘をついているのであれば翻意して欲しいとの思いから,否認した場合には拘束期間が長くなる可能性が高いことも付け加えて説明した。
 初回接見の翌日,検察官に勾留請求の可否を尋ねたところ,検察官の回答は予想通り勾留請求するというものであったが,少年は検察官の前でも被害者が同意していたとの主張を繰り返していたとのことであったので,少年がそこまでして被害者の同意に拘ることが気になり,2回目の接見に向かった。

2回目の接見から目撃者の事情聴取まで

 2回目の接見の際に,少年に対して「被害者の同意を裏付ける証拠があれば教えて欲しい。」と尋ね,「せめて目撃者がいればいいのだけど。」と呟いたところ,少年が目撃者の存在を告白した。サークルの先輩(女性)が犯行現場とされる部屋にいて,少年と被害者の様子を見ていたというのである。
 目撃者の連絡先がわかるとすぐに連絡をとり,話を聞いたところ,寝室における二人のやりとりの中で,被害者が少年を挑発するようなことを言ったことや,目撃者が部屋から出ていくときに,被害者が助けを求めなかったことが具体的かつ詳細に述べられた。また,被害者が今までにも飲み会で男に絡むことが多かったことや事件前日に被害者が少年の上にまたがり胸を揉ませようとしたことなどの話を聞くことが出来た。
 そこで,これらの供述を2日間かけて供述調書化した。

検察官に対する意見書提出から観護措置決定まで

 検察官に対して,目撃者の供述調書を添付資料とした家裁不送致を求める意見書を提出し,電話でも直接伝え少年の無実を訴えたが,「サークル関係者の話は一切信じられない」と切り捨てられた。
 また,裁判官に対して観護措置の回避を求める意見書を提出したうえで,裁判官と面接し少年が無実であることを訴えたが,あっさりと観護措置決定が下された。
 この時点で,大学からは無期限停学処分が少年に対して出された(退学処分に付される方向であったが,付添人の尽力により,退学は無事免れることとなった)。

裁判官との打ち合わせ

 裁判所から事件記録閲覧の許可が下りたので,記録を閲覧したところ,唯一こちら側の証拠で足りなかった女子トイレでの少年の様子についても,新たな目撃者がいたことがわかった。急いで連絡をとったところ,少年が女子トイレで被害者を介抱していたこと,少年が介抱している最中にも被害者が抵抗している様子もなく,仲良さげに肩を組み,寝室へ向かったことを話してくれた。
 翌日,裁判官と打ち合わせを行い,被害者と目撃者2人の証人尋問が不可欠であることを訴えると,裁判官は,非行事実を否定するとして,どの点を争うか尋ねてきたので,少年の主張に沿って,主位的に被害者の同意が存在した点,副位的に強制わいせつの故意の不存在を主張したいと話した。
 裁判官は,「もし,被害者の同意が存在したとして争うのであれば,被害者を証人として呼ばなければいけなくなり,日数がかかるので少年が鑑別所にいる期間が長引いてしまう可能性が高いし,被害者に対して精神的なストレスを与えることになって,ひいては少年が釈放された後にまたトラブルを生じさせる恐れも出てきてしまう。ここは,強制わいせつの故意の不存在のみを争点とするわけにはいかないだろうか。そして,少年に対してのみ,事件当時の認識や客観的な状況を聞くという形ではできないだろうか。」と提案してきた。
 裁判官が事件記録を見た上で,一定の理解を示してくれたこと,少年に対する配慮が感じられたこと,さらに,裁判官は故意無しとの心証をなのではないかと感じとられたことから,裁判官の提案に従うことにした。

審判準備

 審判期日で行う非行事実に関する少年への質問に対しての練習をするため,審判までに2回ほど少年と面会を行い,審判での質問の予行練習を重ねた。少年は「…だと思う。」という言い方が癖になっていたので,しっかりと断言すべきところについては断言しようなどのアドバイスも行った。
 そして,審判が行われる前日には,こちら側の主張をまとめた意見書を裁判所に提出した。その意見書では,少年の言い分を時系列に沿って具体的に書いた上で,被害者の主張の矛盾点を,目撃者の供述を挙げながら指摘していった。

結果

 裁判官は,サークルの人間の供述に信用性があることを認め,被害者の同意があった可能性にも含みを持たせるような事実認定を行い,そのような客観的状況であれば,少年が被害者の同意があると思っていたことはやむを得ず,強制わいせつの故意はない旨を認定した。そして,大学側に本決定を伝えたことで,1か月を待たずにに大学への復帰が可能となり,欠席扱いにならないような寛大な措置も取られた。


「少年事件」に関する取扱い分野

少年事件について

初動における弁護活動の重要性(逮捕・勾留と家裁送致)  刑事事件を起こした少年は,事案の重さなどにより,警察に逮捕されることがあります。事件の内容が ...

「少年事件」に関する刑事弁護コラム

少年事件の手続きの流れ

少年事件の手続きの流れ  「少年」とは,審判時に20歳未満の者をいいます。  少年保護審判の対象となる「非行のある少年」には,犯罪少年,触法少年, ...

少年に対する処分

付添人の審判結果に与える影響の大きさ  これまで説明してきたように,少年事件における弁護士の役割は刑事事件における弁護士の役割とは異なることから,弁 ...

「少年事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「少年事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。