付添人の実績「高校生の痴漢事件で学校側への連絡回避」|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

付添人の実績「高校生の痴漢事件で学校側への連絡回避」

刑事弁護コラム 付添人の実績「高校生の痴漢事件で学校側への連絡回避」

結論

 審判不開始処分決定を獲得しました。

事案の概要

 当時高校2年生だった少年が,登校の際に利用していた満員電車において,女子高校生のお尻をスカートの上から触ったという痴漢事件。
 女子高校生に手を掴まれた瞬間に過呼吸となり失神。駅のベンチ等で手当てをされた後,警察署に連行されたものの,逮捕はされずに在宅捜査となった。

弁護方針

 私立の進学校に在籍しており,本人及び両親が同校の卒業を希望していたため,学校への連絡を回避することが最大の目標となった。
 また,受験勉強への悪影響を避け,できる限り早期に解決するため,審判不開始処分を目指すこととした。

弁護活動

警察から学校への連絡回避

 在宅事件については,犯罪の重要性や家族の観護能力,本人の反省の情などによって,在籍している学校に通知しないケースも有り得るため,担当警察官に対して,学校へ連絡しないことを求める意見書を作成した。
 意見書には,本人の反省の情及び家族の観護能力を示すために,少年及び少年の家族作成にかかる,謝罪文及び誓約書を添付した。
 また,犯罪の重要性については,被害者の処罰感情も重要な考慮要素となるため,示談書及び示談状況の報告書を添付した。示談状況報告書の中には,被害者の実父も,少年の退学を望んでいないことを付記した。
 結果,警察官から学校へ連絡がなされることはなかった。

示談活動

 警察署の応接室内で,被害者の実父,少年の両親及び弁護人が面会し,示談交渉を行った。少年の両親から直接謝罪を受けたことで,被害者の実父も示談に応じる意志を示し,少年の更生のために,学校の退学は望まないことも伝えてくれた。
 宥恕文言入りの示談は,書類送検前に締結されたため,示談書及び示談金の振込票も,警察官に対して提出した。

家庭裁判所に送致後の活動

 警察官に対するものと同じ内容の意見書を担当書記官及び調査官に送り,学校への連絡回避及び調査の際の配慮を要望した。また,成績表等,学校での活動に関連する書面については,少年の家族に積極的に準備させ,調査官に提出した。
 結果,家庭裁判所からも学校には通知されなかった。
 調査官面接の際には,付添人も同席し,審判不開始を求める意見書を持参し,調査官に写しを交付した。
 また,調査官面接に先立って,少年照会書の書き方の指導を行った。調査官面接のリハーサルも行った。具体的には,少年に対しては本件犯行当時の心境や,犯行に及んでしまった理由,被害者の心情等について,再度深く検討させた。少年の両親に対しては,親子関係,思春期の子供との接し方,少年の性的な問題などについて,再考させた。

結果

 調査官面接の際には,基本的には審判が行われることを説明されたが,結局審判不開始にする旨の通知を,調査官より受けた。


「少年事件」に関する取扱い分野

少年事件について

初動における弁護活動の重要性(逮捕・勾留と家裁送致)  刑事事件を起こした少年は,事案の重さなどにより,警察に逮捕されることがあります。事件の内容が ...

「少年事件」に関する刑事弁護コラム

少年事件とは

少年事件とは  成人の刑事事件は,罪を犯した個人に対して刑罰を科すことを目的とした刑事手続きです。犯罪の成否に関する証拠が収集される捜査段階を経て, ...

少年事件の手続きの流れ

少年事件の手続きの流れ  「少年」とは,審判時に20歳未満の者をいいます。  少年保護審判の対象となる「非行のある少年」には,犯罪少年,触法少年, ...

「少年事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「少年事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。