付添人の実績「高校生の複数回に渡る痴漢事件で不 ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

付添人の実績「高校生の複数回に渡る痴漢事件で不処分を獲得」

刑事弁護コラム 付添人の実績「高校生の複数回に渡る痴漢事件で不処分を獲得」

結論

 保護観察処分決定を獲得しました。

事案の概要

 当時高校2年生だった少年が,登校の際に利用していた電車において,着衣の上から女子高校生のお尻等を触ったという痴漢事件。
 約30分を超える間,痴漢行為を続けており,犯行態様が悪質だったこともあり,その場で逮捕され,検察官送致と同日に家庭裁判所に送致され,観護措置決定が下された。
 少年には非行歴は認められないものの,同じ被害者に対して,本件以前にも複数回痴漢行為に及んでいた。

弁護方針

 犯行態様が悪質であるうえ,同じ被害者に対して常習的に痴漢行為に及んでいたことから,本人の更生の為にも,審判不開始ではなく,不処分をターゲットとした。
 また,受験勉強との兼ね合いもあるため,警察や裁判所による学校への通知を回避し,早期釈放を目指すこととした。

弁護活動

学校連絡の回避

 本件は身柄事件であったものの,本職らが弁護人として選任された段階で,学校への連絡が為されていなかった。そこで,少年及び少年の家族作成にかかる誓約書を添付し,学校への連絡が為されると退学処分が免れないこと等の事情を説明したうえで,学校への連絡回避を求める意見書を警察署宛に提出した。
 結果,警察官から学校へ連絡がなされることはなかった。

示談活動

 警察官及び検察官に被害者の連絡先情報の開示を求めたものの応じていただけなかった。そこで,事件記録から被害者の連絡先を調べ,被害者の実父と面会できることとなった。
 被害者の実父に対し,被疑者及び被疑者の両親作成に係る謝罪文を交付した上で,示談交渉に着手したものの,第1回目の面会の際に,弁護士との交渉を継続する意思はなく,示談に応じる意思がないことを告げられ,示談交渉は決裂した。
 もっとも,被害者の実父と面会した際に,犯行後も被害者は元気に通学できていること及び慰謝料等の支払いを求めて民事訴訟を提起する意思もないことも告げられた。
 そこで,同内容を記載した示談経緯報告書を作成し,家庭裁判所裁判官宛に提出した。

家庭裁判所に送致後の活動

 犯行態様は悪質であるものの,非行歴もなく,家庭環境も整備されているため,鑑別の必要はなく,少年の更生の為に早期の身柄釈放を目指すこととした。まず,観護措置決定の回避を求める意見書を裁判官に対して提出し,少年の両親作成に係る身柄引受書及び上申書を添付した。また,少年が被害者と偶然遭遇することがないように,電車に乗車する時間を短縮して少年の再犯を防ぐために,少年の学校近くに引越すように指示し,新しい居住地の賃貸契約書等も,裁判官に提出した。
 それでも,観護措置決定がなされてしまったため,直ちに観護措置決定に対する異議を申し立てた。その際に,少年と鑑別所で面会した際の様子についての報告書を作成し,添付した。結局,異議申し立ても斥けられてしまったが,付添人が家庭環境や本人の反省態度等について,適宜裁判官に報告したこともあり,審判期日前に観護措置決定の取り消しを得られた。

審判期日での活動

 審判期日においては,被害者の心情や,犯行を止められなかった原因などを中心に,少年に説明させた。また,鑑別所における活動や,その活動を通じて学んだこと等を供述させた。
 両親については,少年が犯行に及んだ動機や,再犯予防策,親子関係の改善等について,裁判官に説明させた。

結果

 調査官が保護観察処分との意見書を作成していたこともあり,付添人は保護司による監督が不要であることを中心に,不処分を求める意見書を作成した。
 少年と少年の両親に対する質問の後,裁判官と調査官が協議のために退出したものの,結局保護観察処分決定が出された。


「少年事件」に関する取扱い分野

少年事件について

目次初動における弁護活動の重要性(逮捕・勾留と家裁送致)家庭裁判所送致後の各種調査について少年事件における付添 ...

「少年事件」に関する刑事弁護コラム

「少年事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「少年事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。