保釈がとれずに困っているとき|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

保釈がとれずに困っているとき

刑事弁護コラム 保釈がとれずに困っているとき

保釈がとれずに困っているとき

 我が国の法律の下では,捜査段階には保釈は認められません。しかし,起訴後直ちに保釈が認められるとも限りません。まさに事案によります。逮捕され,起訴されてもう既に数週間,数か月経過しているのに,まだ保釈されずに勾留が続いている被告人もいることでしょう。保釈は,様々な環境の中でその請求のタイミングを図らなければなりません。早期の保釈こそが被告人の利益ではありますが,事案によっては示談交渉の経緯を見据えつつ,保釈請求を行わなければならない場合があり,あるいは,薬物中毒の状況によっては早期の保釈を控え,そのタイミングを図る必要のある事案もあります。また,就業環境や引受人確保などの点で十分に保釈の環境が整っていないにも関わらず保釈請求を安易に行っても却下となる可能性が高く,無駄な時間と費用を費やすことになってしまいます。
 保釈をとることは簡単ではありません。しかし中村国際刑事法律事務所では,かつて検察官として実際に保釈実務に携わった経験を有する代表弁護士が,事件の性質や証人予定者,公判見通しといった手続の全体の流れの中で,保釈の可能性や時期を分析的に判断し,さらに,保釈環境を十分整えて保釈請求に臨みます。現に,最適のタイミングと説得力ある主張によって,これまで数多くの保釈を獲得してきました。準抗告における逆転決定によって保釈を獲得した経験もあります。さらに,原則として外国人には保釈がまず認められないところ,中村国際刑事法律事務所では,外国人のクライアントのために保釈獲得に成功した例が多数あります。
 一日も早く拘置施設での不自由な生活から大切な家族を解放してあげること,家に連れ戻し,暖かいお風呂に入れてあげたい,そのように願うのは家族として当然のことです。中村国際刑事法律事務所は,そのような願いをかなえるために,全力であなたをサポートします。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

少年事件Q&A

Q.全件送致主義とはなんですか  通常の刑事事件では,捜査機関が被疑者を逮捕・勾留した後,犯罪の嫌疑がある場合には公訴提起という手続がなされ,犯罪の ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。