刑事事件での弁護士の役割と重要性|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事事件での弁護士の役割と重要性 刑事事件での弁護士の役割と重要性

刑事事件での弁護士の役割と重要性

 ご家族や恋人,友人など,あなたの大切な人が刑事事件に巻き込まれてしまったとき,あなたは,まず最初に,刑事弁護士を雇うべきかどうか考えるに違いありません。
 「刑事事件では,有罪率が99%もあるのだから,どうせ弁護士を雇っても結果は変わらない」と考えて刑事弁護士を雇わない方も確かにいます。
 しかし,刑事事件では,法律の専門家である弁護士の役割は極めて重要です。

弁護士を通じて多くの情報を得ることができ家族とのコミュニケーションが可能となります

 刑事事件において,ご家族が突然逮捕された時,直接本人に面会することは,事実上制限されることが多く,また,面会できたとしても面会時間は限られ,警察官立会いの面会では刑事事件に関する話もできません。本人と面会し,容疑がかかっている刑事事件についての確認や,警察や検察官と面会するなどして事件に関する出来る限りの情報を収集するためには弁護士が必要不可欠となります。
 弁護士を選任する際は,刑事事件の経験が豊富な弁護士を選ぶことが肝要です。

不当な取調べや不必要な身柄拘束を回避することができます

 刑事事件にあっては,刑事弁護士に弁護を依頼することで,不当な取調べや不必要な身柄拘束を回避することができます。
 この点も刑事事件が民事事件と事情が異なる大きな点ですが,刑事事件の捜査は常に人権侵害と背中合わせです。
 刑事弁護士は,刑事事件の手続に精通した法律の専門家として,家族の方々に代わって,違法な捜査をチェックし,刑事事件で逮捕されている方に対し,被疑者権利の告知や指導を適宜行い,自白を獲得するために厳しい追及,強迫,偽計などの違法な取調べを回避いたします。

被害者との示談交渉を円滑に進めます

 刑事事件では,被害者との示談交渉を進める上でも弁護士の存在は不可欠です。被害者の存在を無視して刑事事件の弁護はできません。
 刑事事件で蒙った被害を金銭的な賠償により被害回復することは,被害者にとっても大きな関心事です。被害者がいる刑事事件では,弁護士を介した示談が非常に重要です。中村国際刑事法律事務所の弁護士は,いずれも示談交渉を得意としており,依頼者の評価も高いです。

結果・成果を出す刑事弁護を強力に進めます

 中村国際刑事法律事務所は,刑事事件の有罪率99.8%の現実の中で,常に「結果」「成果」を出す刑事弁護を目指しています。

  • 麻薬密輸事件で,懲役15年罰金500万円の求刑に対し,無罪判決
  • 業務上横領の冤罪事件で,無罪判決
  • 第一審で実刑判決であったのが,中村国際刑事法律事務所に変えた控訴審で,執行猶予付き判決

 など,中村国際刑事法律事務所は刑事事件について数々の実績があります。
 中村国際刑事法律事務所への依頼者の声を知りたい方は,感謝の声をご覧ください。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。