刑事判例紹介(101) – 形式裁判の内容的確定力により再起訴することはできないのではないかが争わ ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(101) – 形式裁判の内容的確定力により再起訴することはできないのではないかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(101) – 形式裁判の内容的確定力により再起訴することはできないのではないかが争われた事案

事案

 被告人は戸籍上死亡したことにして刑の執行を免れようと企て,虚偽の死亡診断書を作成し,戸籍に不実の記載をさせるなどした。裁判所は死亡を理由に公訴棄却の決定をし,この決定は確定したが,偽装死亡の事実が発覚し起訴された。

判旨(大阪地裁昭和49年判決)

 公訴棄却の決定はいわゆる形式裁判であるから,その裁判が確定しても再起訴は原則として妨げられないと解すべきであり,これは,刑事訴訟法340条が例外的に,公訴取消による公訴棄却決定が確定したときに再起訴が妨げられる旨規定していることに照らしても明らかである。このことは,被告人死亡を理由とする公訴棄却決定が確定しているときも同様であり,まして,被告人死亡の事実認定が内容虚偽の証拠に基づくものであったことが,新たに発見された証拠によって明白になったような場合にまで,なおも,この公訴棄却決定の示した判断が拘束性を保有して,後の再起訴を妨げるものとは,とうてい解することはできない。

コメント

 形式裁判は具体的事情の下で特定の申立て要件が欠如するという判断であるため,事実が変われば前訴の判断の確定力は及びません。本件では,公訴棄却決定が内容虚偽の証拠に基づくものであり,それが新たに発見された証拠によって明白になったため,上記決定の内容的確定力は及ばないとされました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。