刑事判例紹介(16)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(16)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(16)

事案

 被告人は警察官から職務質問された後,任意同行の名目で警察署に連行され,6時間余りにわたって実質逮捕にあたる違法な身柄拘束を受けた。このような違法逮捕の後,勾留中に得られた自白調書は違法収集証拠として,証拠能力を否定されるべきであるとして争った。

判旨(東京高裁昭和54年判決)

 …右実質的逮捕の時点において緊急逮捕の理由と必要性はあったと認めるのが相当であり,他方,右実質逮捕の約3時間後には逮捕令状による通常逮捕の手続がとられていること,右実質逮捕の時から48時間以内に検察官への送致手続がとられており,勾留請求の時期についても違法の点は認められないことをあわせ考えると,右実質逮捕の違法性の程度はその後になされた勾留を違法ならしめるほど重大なものではないと考える。また,他に右勾留を違法無効とするような事情は記録上何ら認められない。したがって,逮捕の違法を理由として右勾留中に作成された被告人の供述調書を違法収集証拠であるとする所論は失当である。

コメント

 勾留される前に逮捕されていることが必要であり,これを逮捕前置主義といいます。これは,身柄拘束時間が短い逮捕を前置し,それでもなお捜査が必要な場合にのみ,身柄拘束期間の長い勾留を認めることで,身柄拘束期間を最小限にとどめ,被疑者の権利を保護するものです。本判決では,勾留の前提となる逮捕は違法であるが,逮捕に続く勾留を違法ならしめるほどの重大な違法はないと判断し,本件勾留を適法と認定した上で,適法な勾留中に作成された自白調書であることを理由に,その証拠能力が肯定されました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

少年事件Q&A

Q.全件送致主義とはなんですか  通常の刑事事件では,捜査機関が被疑者を逮捕・勾留した後,犯罪の嫌疑がある場合には公訴提起という手続がなされ,犯罪の ...

盗撮事件の一問一答

Q. 電車で寝ていた女性の上半身を撮影した場合,「盗撮」ですか? A.  盗撮とは,駅構内やデパート内のエスカレーターで,前にいる女性のスカートの ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。