刑事判例紹介(17)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(17)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(17)

事案

 被疑者は爆弾物取締罰則違反被疑事実について逮捕・勾留されたが,被疑者の事件への関与を証明し得る証拠を収集できなかったため,公訴提起に至らず,勾留期間満了で釈放された。しかし,その後の捜査により,嫌疑が濃厚となり,再逮捕された。同一被疑事実についての,再逮捕・再勾留が認められるか争われた事案。

判旨(東京地裁昭和47年決定)

 同一被疑事件について先に逮捕勾留され,その勾留期間満了により釈放された被疑者を単なる事情変更を理由として再び逮捕・勾留することは,刑訴法が203条以下において,逮捕勾留の期間について厳格な制約を設けた趣旨を無視することになり被疑者の人権保障の見地から許されないものといわざるをえない。しかしながら同法199条3項は再度の逮捕が許される場合のあることを前提にしていることが明らかであり,現行法上再度の勾留を禁止した規定はなく,また,逮捕と交流は相互に密接不可分の関係にあることに鑑みると,法は例外的に同一被疑事実につき再度の勾留をすることも許しているものと解するのが相当である。…そしていかなる場合に再勾留が許されるかについては,…先行の勾留期間の長短,その期間中の捜査経過,身柄釈放後の事情変更の内容,事案の軽重,検察官の意図その他の諸般の事情を考慮し,社会通念上捜査機関に強制捜査を断念させることが首肯し難く,また,身柄拘束の不当なむしかえしでないと認められる場合に限るとすべきである。

コメント

 同一被疑事実についての,再逮捕・再勾留は,厳格な身柄拘束期間を定めた刑訴法の趣旨から,原則は認められません。しかし,本決定では,新たな重要証拠の発見等の事情変更があり,逮捕・勾留の不当なむしかえしに当たらないと評価できる場合には,例外的にこれが許容されると判断しました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

即決裁判制度とは

即決裁判制度とは  即決裁判手続とは,罰金または執行猶予が見込まれる軽微な事件(死刑または無期もしくは短期1年以上の懲役もしくは禁錮にあたらない事件 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。