刑事判例紹介(40) – 無罪判決の確定が当初の捜査及び追訴の違法性を基礎づけるかが争われた事案|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(40) – 無罪判決の確定が当初の捜査及び追訴の違法性を基礎づけるかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(40) – 無罪判決の確定が当初の捜査及び追訴の違法性を基礎づけるかが争われた事案

事案

 複数事件について逮捕・起訴されたが,一部につき無罪が確定した被告人が,当初の捜査機関による逮捕・起訴等の各行為に違法がある等として国家賠償請求をなした

判旨(最高裁昭和53年判決)

 刑事事件において無罪の判決が確定したというだけで,直ちに起訴前の逮捕・勾留,公訴の提起・追行,起訴後の勾留が違法となることはない。けだし,逮捕・勾留はその時点において犯罪の嫌疑について相当な理由があり,かつ,必要性が認められるかぎりでは適法であり,公訴の提起は,検察官が裁判所に対して犯罪の成否,刑罰権の存否につき審判を求める意思表示にほかならないので…,起訴時あるいは訴訟追行時における検察官の心証は,その性質上,判決時における裁判官の心証と異なり,起訴時あるいは起訴追行時における各種の証拠資料を総合勘案して合理的な判断過程により有罪と認められる嫌疑があれば足りるものと解するのが相当であるからである。

コメント

 逮捕・起訴されたが,無罪判決が確定した場合,当初の捜査機関による各行為が適法であったか,問題となる場合があります。本件では,無罪判決が確定しただけで直ちに違法となるとは限らないと判断し,原告の訴えを棄却する結論を維持しました。他方で本判決は,当該公訴提起等の時点において,客観的に犯罪の嫌疑が不十分である等,有罪判決を期待しうる合理的根拠がない場合には違法となり得るという姿勢を明らかにしており,捜査機関による逮捕・起訴の適法性にも限界があることを示しています。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

少年事件の手続きの流れ

少年事件の手続きの流れ  「少年」とは,審判時に20歳未満の者をいいます。  少年保護審判の対象となる「非行のある少年」には,犯罪少年,触法少年, ...

少年に対する処分

付添人の審判結果に与える影響の大きさ  これまで説明してきたように,少年事件における弁護士の役割は刑事事件における弁護士の役割とは異なることから,弁 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。