刑事判例紹介(45)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(45)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(45)

事案

 被告人は,覚せい剤使用の罪により起訴された。公訴事実が「被告人は,法定の除外事由がないのに,昭和54年9月26日ころから同年10月3日までの間,広島県a群b町内及びその周辺において,…覚せい剤を使用したものである」という幅のある記載であったため,被告人は公訴事実の特定を欠くとして争った。

判旨(最高裁昭和56年決定)

 本件公訴事実の記載は,日時,場所の表示にある程度の幅があり,かつ,使用量,使用方法の表示において起訴当時の証拠に基づきできる限り特定したものである以上,覚せい剤使用罪の訴因の特定に欠けるところはないというべきである。

コメント

 刑訴法256条3項後段は,「訴因を明示するには,できる限り日時,場所及び方法を以って罪となるべき事実を特定してこれをしなければならない」と定めています。仮に起訴状の訴因の記載が同条の要請を満たすほど特定されたものでないときは,公訴棄却判決がなされます(338条4号)。本件は,覚せい剤使用事犯であるところ,覚せい剤使用については,使用状況を明らかにする目撃者や客観的証拠がないことが多く,そのため,被告人が覚せい剤使用状況について具体的に供述しない限り,いつ,どこで,どのように使用したかは明らかにならないことが多々あります。そこで,本件決定では,起訴状において日時場所等を特定できないこともやむを得ないと判断されました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。