刑事判例紹介(47)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(47)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(47)

事案

 被告人は,枉法収賄の訴因(本位的訴因)で起訴され,その後,贈賄の訴因(予備的訴因)を予備的に追加請求された。被告人は,本位的訴因と予備的訴因との間には,被告人の共犯者がYらなのかWらなのか,また,Xは賄賂を受け取ったのか,賄賂を供与したのかなどの点において,事実に相違があり,予備的訴因にそって有罪判決をしたことは,違法であるとして争った。

判旨(最高裁昭和53年決定)

 「被告人Xは,公務員Yと共謀のうえ,Yの職務上の不正行為に対する謝礼の趣旨で,Wから賄賂を収受した」という枉法収賄の訴因と,「被告人Xは,Wと共謀のうえ,右と同じ趣旨で,公務員Yに対して賄賂を供与した」という賄賂の訴因とは,収受したとされる賄賂と供与したとされる賄賂との間に事実上の共通性がある場合には,両立しない関係にあり,かつ,一連の同一事象に対する法的評価を異にするに過ぎないものであって,基本的事実関係においては,同一であるということができる。

コメント

 刑訴法312条1項は,「公訴事実の同一性を害しない限度において」訴因の変更が許されると定めています。つまり,「公訴事実の同一性」が認められない場合には,訴因変更手続きではなく,別個に起訴することが必要となります。そして,「公訴事実の同一性」とは,両訴因間の基本的事実関係が同一であることをいいます。本件では,収受した賄賂と供与した賄賂が同一であることから,被告人が贈賄と収賄の両方の主体となることはあり得ず,贈賄と収賄の両訴因は両立しない関係であるといえます。本決定では,このような両訴因の非両立性あるいは択一的関係の有無を判断することにより,基本的事実関係の同一性があるとして,「公訴事実の同一性」を認めました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

即決裁判制度とは

即決裁判制度とは  即決裁判手続とは,罰金または執行猶予が見込まれる軽微な事件(死刑または無期もしくは短期1年以上の懲役もしくは禁錮にあたらない事件 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。