刑事判例紹介(5)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(5)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(5)

事案

 飲酒運転の多発する時期及び場所において,車両の外観・走行状態からは異常の認められない自動車すべてに対して実施された検問(一斉自動車検問)が,法的根拠に欠ける違法なものである等として上告した。

判旨(最高裁昭和55年判決)

 警察法2条1項が「交通の取締」を警察の職務として定めていることに照らすと,交通の安全及び交通秩序の維持などに必要な警察の諸活動は,強制力を伴わない任意手段による限り,一般的に許容されるべきものであるが,それが国民の権利,自由の干渉にわたるおそれのある事項にかかわる場合には,任意手段によるからといって無制限に許されるべきものでないことも同条2項及び警察官職務執行法1条などの趣旨にかんがみ明らかである。…警察官が,交通取締の一環として交通違反の予防,検挙のための自動車検問を実施し,同所を通過する自動車に対して走行の外観上の不審な点の有無にかかわりなく短時分の停止を求めて,運転者などに対し必要な事項についての質問などをすることは,それが相手方の任意の協力を求める形で行われ,自動車の利用者の自由を不当に制限することにならない方法,態様で行われる限り,適法なものと解すべきである。

コメント

 自動車検問とは,一般に,犯罪の予防・検挙のため,警察官が走行中の自動車を停止させて,自動車の見分,および運転者または同乗者に対し必要な質問を行うことと定義されています。そのうちの一斉自動車検問について,本決定は,警察法2条1項との関係で検討した上で,本件の方法,態様の下では適法であると判断しました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

メディア掲載

メディア掲載  刑事事件のコメンテイターとして,フジテレビ「めざましテレビ」,テレビ朝日「ワイド!スクランブル」,読売テレビ「情報ライブ・ミヤネ ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。