刑事判例紹介(54)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(54)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(54)

事案

 耳が聞こえず言葉も話せないことなどから訴訟能力に疑いのある被告人について,起訴後,公判を続行するかが争われた。控訴審が,訴訟能力の有無を判断するために更に審理を尽くすのが相当であると判示したのに対し,弁護人は,公判を停止するべきであるとして上告。裁判所は,上告趣旨は上告理由にあたらないとし,職権で次のように述べた。

判旨(最高裁平成7年決定)

 刑訴法314条1項にいう「心神喪失の状態」とは,訴訟能力,すなわち,被告人としての重要な利害を弁別し,それに従って相当な防御をすることのできる能力を欠く状態をいうと解するのが相当である。…(本件の)事実関係によれば,被告人に訴訟能力があることには疑いがある…このような場合には,裁判所としては,…訴訟能力の有無について審理を尽くし,訴訟能力がないと認めるときは,原則として同条1項本文により,公判手続を停止すべきものと解するのが相当であ…る。
 千種秀夫裁判官の補足意見…その後も訴訟能力が回復されないとき,裁判所としては,…被告人の状態等によっては,手続を最終的に打ち切ることができるものと考えられる。ただ,…特に慎重を期すべきである。

コメント

 思考とは頭の中で言語(内語)を組み立てて行われるものであることから,言語の獲得が極めて不十分な者については,意思疎通能力だけでなく,理解力,及び判断力にも影響が生じ得ます。本件は,刑訴法314条1項の「心神喪失の状態」を,刑法上の定義とは異なる内容及び基準時とするとした上で,本件の被告人は,耳が聞こえず,言葉を話せず,文字もほぼ読めないこと,及び,手話による会話能力も会得しておらず,言語による意思疎通手段の学習機会を得ていないことより,意思疎通の手段はほぼジェスチャーのみであり,その理解力及び判断力に問題がありうるとして,同条を適用するとし,控訴審の判断を維持しました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。