刑事判例紹介(6)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(6)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(6)

事案

 警察から任意同行を求められた被疑者が,警察署に到着した午前8時ころから翌日午前零時ころまで断続的に取調べを受け,取調室内及び所用のための退出時には常に立会人等が被疑者を看視したという事案において,本件取調は手続に重大な違法があるとして勾留請求が却下されたのに対し,検察官から準抗告申立がなされた。

判旨(富山地裁昭和54年判決)

 (午前8時ころから午前零時ころまでの長時間かつ断続的な)事実上の看視付きの長時間の深夜にまで及ぶ取調は,仮に被疑者から帰宅ないし退室について明示の申出がなされなかったとしても,任意の取調であるとする他の特段の事情の認められない限り,任意の取調とは認められないものというべきである。従って,本件においては,少なくとも夕食時である午後7時以降の取調は実質的には逮捕状によらない違法な逮捕であったというほかはない。

コメント

 任意同行に引き続く任意取調べの適法性について,犯罪捜査規範168条3項は,やむを得ない理由がある場合のほか,深夜または長時間にわたる取調べは避けなければならない旨定めています。本決定は,取調べの時間について「長時間の深夜にまで及ぶ」点を重視して,本件の取調べは,実質的に逮捕状によらない逮捕であり,重大な違法があると判断しています。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

審理手続きと判決の種類

審理手続について  申立てによって控訴理由があると認められれば,控訴審での審理に入ります。控訴審での審理手続については,基本的に第1審と同様ですが( ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。