刑事判例紹介(65)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(65)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(65)

疫学的証明を証明の方法として用いることができるかが争われた事案

 医師である被告人は,チフス菌または赤痢菌を食品に付着・混入させ,計64名の者に腸チフスまたは赤痢に罹患させたとして傷害罪で起訴された。裁判所が,疫学的証明により因果関係の立証・認定をしたことから,弁護側は,疫学の法則を恣意的に解釈していると主張して争った。

判旨(最高裁昭和57年判決)

 …原判決は,疫学的証明があればすなわち裁判上の証明があったとしているのではなく,「疫学的証明ないし因果関係が,刑事裁判上の種々の客観的事実ないし証拠又は情況証拠によって裏付けられ,経験則に照らし合理的であると認むべき場合においては,刑事裁判上の証明があったものとして法的因果関係が成立する。」と判示し,本件各事実の因果関係の成立の認定にあたっても,右立場を貫き,疫学的な証明のほかに病理学的な証明などを用いることによって合理的な疑いをこえる確実なものとして事実を認定していることが認められるので,原判決の事実の認定の方法に誤りはない。

コメント

 疫学とは,疾病の発生を集団現象として統計的に観察することにより,発病に作用する因子を特定するものです。本件では,このような疫学の手法を刑事裁判上の証明の方法として用いることが許されるかが問題となりました。本判決では,疫学的手法により証明がされれば,裁判上の証明があったものとはせず,種々の客観的事実ないし証拠又は情況証拠によってこれが裏付けられ,経験則に照らし合理的であると認められる場合において,刑事裁判上の証明があったものと認められると判断しました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。