刑事判例紹介(70) – 警察犬による臭気選別の証拠能力が争われた事案|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(70) – 警察犬による臭気選別の証拠能力が争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(70) – 警察犬による臭気選別の証拠能力が争われた事案

事案

 被告人は,強制性交等致傷(旧 強姦致傷)罪で起訴されたが,犯人性を争った。裁判所は,警察犬の臭気選別の結果から,本件犯行が被告人によるものであるとしたが,被告人側は警察犬の選別能力等に問題があるとして,証拠能力を争った。

判旨(最高裁昭和62判決)

 …警察犬による本件臭気選別の結果を有罪認定の用に供した原判決の当否について検討するに,記録によると,右の各臭気選別は,右選別につき専門的な知識と経験を有する指導手が,臭気選別能力が優れ,選別時において体調等も良好でその能力がよく保持されている警察犬を使用して実施したものであるとともに,臭気の採取,保管の過程や臭気選別の方法に不適切な点のないことが認められるから,本件各臭気選別の結果を有罪認定の用に供し得るとした弁判決は正当である。

コメント

 臭気選別の原理は,未だ科学的に未解明であり,選別結果の正確性を事後的に判定することが困難です。そのため,警察犬による臭気選別の証拠能力が認められないのではないかという点が問題となりました。本決定では,①専門的な知識と経験を有する指導手によること②使用した警察犬の臭気選別能力が優れており,選別時において体調等も良好で,その能力がよく保持されていること③臭気の採取,保管の過程や臭気選別の方法に不適切な点のないことの3点を満たすことにより,警察犬による臭気選別の証拠能力を認めました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。