刑事判例紹介(84)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(84)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(84)

事案

 Yに対して証人尋問を施行しようとしたものの,黙秘を続けたため,翻意をすることがないと判断し,尋問不能としてその施行を中止した。そこで,検察官はYの検察官に対する供述調書について刑訴法321条1項2号前段の書面として証拠請求し,裁判所は証拠として採用した。

判旨(東京高裁昭和63年判決)

 刑訴法321条1項2号前段に「供述者の死亡…国外にいるため」というのは証人として尋問することができない事由を例示したもので,右の供述不能の事由が供述者の意思にかかわらない場合に限定すべきいわれはなく,現にやむを得ない事由があって,その供述者を裁判所において尋問が妨げられる場合には,これがために被告人に反対尋問の機会を与え得ないとしてもなおその供述者の検面調書に証拠能力が付与されるものと解され,事実上の証言拒否にあっても,その供述拒否の決意が堅く,翻意して尋問に応ずることはないものと判断される場合には,当該の供述拒否が立証者側の証人との通謀或いは証人に対する教唆等により作為的に行われたことを疑わせる事情がない以上,証拠能力を付与するに妨げないというべきである。

コメント

 本判決は,刑訴法321条1項2号前段が例示列挙であるという最高裁の判例を踏襲し,判示のとおり供述不能の要件はこれを満たすとしたものです。また,「当該の供述拒否が…証拠能力を付与するに妨げない」としている判旨部分は,おそらく刑訴法321条1項2号の要件論とは別に,手続的正義に反する過程を経て獲得,入手された証拠一般の問題としてとらえられると思われます。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 赤木 竜太郎

赤木 竜太郎  弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,一橋大学法科大学院を経て司法試験に合格し, ...

アソシエイト 坂本 一誠

坂本 一誠  弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修 ...

アソシエイト 田代 和也

田代 和也  弁護士田代和也は,同志社大学法学部法律学科を卒業後,大阪大学法科大学院を経て司法試験に合格し,司 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。