刑事判例紹介(85)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(85)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(85)

事案

 退去強制によって本国に強制送還された参考人の検察官面前調書について,刑訴法321条1項2号前段の「供述者が…国外にいるため公判準備若しくは公判期日において供述することができないとき」に当たるとして,その証拠能力が認められるかが争われた。

判旨(最高裁平成7年判決)

 (刑訴法321条1項2号前段の)規定が320条の伝聞禁止の例外を定めたものであり,憲法37条2項が被告人に証人審問権を保障している趣旨にもかんがみると,検察官面前証書が作成され証拠請求されるに至った事情や,供述者が国外にいることになった事由のいかんによっては,その検察官面前証書を常に右規定により証拠能力があるものとして事実認定の証拠とすることができるとすることには疑問の余地がある。…検察官において当該外国人がいずれ国外に退去させられ公判準備又は公判期日に供述しようとすることができなくなることを認識しながら殊更そのような事態を利用しようとした場合はもちろん,裁判官又は裁判所が当該外国人について証人尋問の決定をしているにもかかわらず強制送還が行われた場合など,当該外国人の検察官面前調書を証拠請求することが手続的正義の観点から公正さを欠くと認められるときは,これを事実認定の証拠とすることが許容されないこともあり得るといわなければならない。

コメント

 本判決は,退去強制との関係で手続的正義の観点から公正を欠く場合には証拠能力を認めることができないと判示しました。そして,本件では,検察官が強制送還されることを殊更利用しようとしたとは認められず,また,弁護人から証拠保全請求があった参考人は請求時にすでに強制送還されており,他の参考人については証拠保全の請求がないまま強制送還されていることから,手続的正義の観点から公正を欠くとは認められないと判断され,証拠能力が認められました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。