刑事判例紹介(90)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(90)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(90)

事案

 現住建造物等放火被告事件の公判において,火災のあった付近の住民が,そのときの被告人の行動について証言したところ,弁護人が,刑訴法328条に基づき,消防指令補が上記証人から公判供述とは実質的に異なった内容の真実を聞き取ったことが記載された「聞込み状況書」を証拠調べ請求した。328条の供述が自己矛盾供述に限られるかが争われた事案。

判旨(最高裁平成18年判決)

 刑訴法328条により許容される証拠は,信用性を争う供述をした者のそれと矛盾する内容の供述が,同人の供述書,供述を録取した書面(刑訴法が定める要件を満たすものに限る),同人の供述を聞いたとする者の公判期日の供述又はこれらと同視し得る証拠の中に現れている部分に限られるというべきである。

コメント

 本判決は,328条の趣旨が,矛盾する供述をしたこと自体の立証を許すことにより,公判準備又は公判期日におけるその者の供述の信用性の減殺を図ることを許容するものとし,328条の供述は自己矛盾供述に限られるという,いわゆる限定説を明言しました。
 なお,本件で争われた聞込み状況書は証人の供述を録取しているため自己矛盾供述になるとも思われますが,同証人の供述の内容の真実性が問題となるため,別途伝聞例外の要件を満たす必要があります。しかし,本件では,同証人の署名押印がなく,またこれと同視しうる特段の事情もないため,伝聞例外の要件を満たしません。それゆえ,本判決は328条が許容する証拠にはあたらないとしました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

詐欺罪の条文

詐欺罪の条文(懲役・時効)について 刑法246条 1項人を欺いて財物を交付させた者は,10年以下の懲役に処する。 2項前項の方法により, ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。