刑事判例紹介(91)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(91)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(91)

事案

 被告人XとYは,他の者らとA方に火炎瓶を投げて放火することを謀議し,YらがA方に赴き火炎瓶を投げつけ,現住建造物等放火未遂罪が成立するかが争われた。第1審はこの事実を認定する証拠として,「私,Yらが実行することになっていたが,私は実行に参加しなった,翌日の朝,Yから,Yら4人でA方へ火炎瓶を投げつけてきたという話を聞いた」旨の供述を記載するXの検察官に対する供述調書を掲げた。再伝聞に証拠能力が認められるかが争われた事案。

判旨(最高裁昭和32年年判決)

 原審が弁護人の論旨…に対する判断において説示する理由によって,刑訴321条1項2号及び同324条により右供述調書中の所論の部分についての証拠能力を認めたことは正当である。

コメント

 再伝聞とは,伝聞証拠中に伝聞証拠が含まれている場合のことをいいます。本件では,Xの供述を録取した供述調書が伝聞証拠であり,その中にYの供述が含まれているため,再伝聞となります。刑訴法には再伝聞に関する直接の規定がないため証拠能力が認められるかが問題となりますが,本判決は証拠能力を肯定し,通説もこれを肯定します。刑訴法321条1項各号により証拠能力を認められた供述調書中の伝聞にあたる供述は,公判準備又は公判期日における供述と同等の証拠能力を有する,つまり,公判期日における供述と原供述の関係と類似の利益状況にあるため,324条が類推適用される,という理由によるものです。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 坂本 一誠

坂本 一誠  弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修 ...

アソシエイト 藤田 昭平

藤田 昭平  弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,一橋大学法科大学院を経て司法試験に合格し,第6 ...

アソシエイト 田代 和也

田代 和也  弁護士田代和也は,同志社大学法学部法律学科を卒業後,大阪大学法科大学院を経て司法試験に合格し,司 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。