刑事判例紹介(92) – 写真自体を独立証拠として用いる現場写真の証拠能力に伝聞法則の適用がある ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(92) – 写真自体を独立証拠として用いる現場写真の証拠能力に伝聞法則の適用があるかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(92) – 写真自体を独立証拠として用いる現場写真の証拠能力に伝聞法則の適用があるかが争われた事案

事案

 検察側から差押え・任意提出等により取得した撮影済み未現像フィルムを現像,焼付けした写真と,報道・出版関係者から任意提出された写真が取調請求されたが,証人尋問に際して警察官が公務員の職務上の秘密を理由に撮影者等についての証言を拒否し撮影者等が明らかにされなかったため現場写真の証拠能力が争われた。

判旨(最高裁昭和59年判決)

 犯行の状況等を撮影したいわゆる現場写真は,非供述証拠に属し,当該写真自体又はその他の証拠により事件との関連性を認めうる限り証拠能力を具備するものであって,これを証拠として採用するためには,必ずしも撮影者らに現場写真の作成過程ないし事件との関連性を証言させることを要するものではない。

コメント

 写真は機械的方法で一定の事実の痕跡がフィルム及び印画紙に残されたものであり,誤りが介在するおそれのある知覚・記憶・表現・叙述の各過程を経て提出されるものではないため,伝聞法則の適用はありません。したがって,その性質は非供述証拠であって,関連性がある限り証拠能力が認められます。本件においても現場写真には伝聞法則の適用はなく証拠能力は認められるとされました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。