刑事判例紹介(95)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(95)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(95)

事案

 被告人宅の寝室にまで承諾なく立ち入り,任意同行に際し明確な承諾を得ず,退去の申出に応じることなく警察署に留め置き,尿の任意提出を求めた事案。

判旨(最高裁昭和61年年判決)

 被告人宅への立ち入り,同所からの任意同行及び警察署への留め置きの一連の手続と採尿手続は,被告人に対する覚せい剤事犯の捜査という同一目的に向けられたものであるうえ,採尿手続は右一連の手続によりもたらされた状態を直接利用してなされていることにかんがみると,右採尿手続の適法違法については,採尿手続前の右一連の手続きにおける違法の有無,程度をも十分考慮してこれを判断するのが相当である。

コメント

 本件の任意同行は任意捜査の域を超えていて違法であり,それに引き続いた採尿手続も違法を帯びますが,証拠能力は否定されないとしました。判旨では,違法性の承継論の基準として「同一目的」「直接利用」を掲げていますが,この基準は,先行手続と後行手続との関連性を判断するためのメルクマールの一つであり,絶対的な基準ではないといえます。後行手続の違法性の判断は,先行手続における違法性の内容および程度,その違法な点が証拠収集手続とどの程度の密接度を有するか,などの総合判断によります。そして,後行手続が違法性を帯びるときは,後行手続の違法の重大性と排除の相当性を検討し,証拠能力の有無を判断します(違法収集証拠排除法則)。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

控訴Q&A

Q.控訴申立ては誰ができるか。控訴審からの弁護人ができるか  控訴の申立権者は以下の通りです。   ①検察官・被告人(351条1項) ②被告人 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。