刑事判例紹介(99) – 無罪判決後に検察官が控訴を申し立てた場合,控訴裁判所が被告人を再度勾留 ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(99) – 無罪判決後に検察官が控訴を申し立てた場合,控訴裁判所が被告人を再度勾留することができるか,できるとしても何らかの制約があるのではないかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(99) – 無罪判決後に検察官が控訴を申し立てた場合,控訴裁判所が被告人を再度勾留することができるか,できるとしても何らかの制約があるのではないかが争われた事案

事案

 被告人は覚せい剤取締法違反の事実により勾留のまま起訴されたが,第1審裁判所で無罪判決を言い渡されて釈放された。その後,検察官が控訴を申し立て,訴訟記録が控訴裁判所に到達した日の翌日,同裁判所は職権で被告人を再度勾留した。

判旨(最高裁平成19年判決)

 刑訴法345条は,無罪等の一定の裁判の告知があったときには勾留状が失効する旨規定しており,特に,無罪判決があったときには,本来,無罪推定を受けるべき被告人に対し,未確定とはいえ,無罪の判断が示されたという事実を尊重し,それ以上の被告人の拘束を許さないこととしたものと解されるから,被告人が無罪判決を受けた場合においては,同法60条1項にいう「被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」の有無の判断は,無罪判決の存在を十分に踏まえて慎重になされなければならず,嫌疑の程度としては,第1審段階におけるものよりも強いものが要求されると解されるのが相当である。

コメント

 本件決定は無罪判決後の勾留について,無罪判決の理由を十分に踏まえてもなお「罪を犯したと疑うに足りる」といえる程度のものを強い嫌疑として求めています。その理由は,上記の刑訴法345条の趣旨に求められます。もっとも,本件決定は無罪判決の存在を十分に踏まえて慎重に検討しても,罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるとして再勾留を是認しました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。