刑訴一部改訂解説(3) – 弁護人による援助の充実化|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑訴一部改訂解説(3) – 弁護人による援助の充実化

刑事弁護コラム

刑訴一部改訂解説(3) – 弁護人による援助の充実化

概要及び解説

 刑事訴訟法の改正により,被疑者(刑事事件で勾留された人)・被告人(起訴された人)に対する弁護人による援助の充実化が図られました。
 改正点としては,大きく2点あります。1点目は,被疑者国選弁護制度の対象の拡大,2点目は,弁護人の選任に係る事項の教示の拡充です。
 まずは1点目について,そもそも,国選弁護とは,刑事事件の被疑者・被告人が資力等の理由で弁護人を選任できない場合に,裁判所が弁護人を任命し,その費用も立て替えられる制度をいいます。
 これまで,国選弁護人をつけることが出来る被疑者は,死刑又は無期もしくは長期3年を超える懲役・禁錮に当たる犯罪を犯し,勾留されている者と限定されていました。
 それが,今回の改正で,勾留状が発せられている全ての被疑者に対象が拡大されました。
 ここで,勾留状が発せられる場合とは,①勾留請求の手続きが適法であること,②勾留の理由があること(被疑者に決まった住居がない場合・証拠隠滅のおそれがある場合・逃亡したり,そのおそれがある場合),③勾留の必要があること(事案の軽重・被疑者の年齢等から総合的に判断されます。)の全ての要件が満たされていると裁判官が判断した場合です。
 これまで,痴漢事件(迷惑防止条例違反)等の国選弁護人制度の対象外とされていた事件においても,冤罪事件が生じていた事実があります。そのことからも,犯罪の種類・量刑の重さの違いで弁護人の必要性が変わることはありません。今回の改正で,被疑者国選弁護制度の対象が拡大されたことは,被疑者の権利保護の観点からも大きな前進といえます。
 2点目には,被疑者・被告人に弁護人を選任出来る権利があることを伝える時に,これまでは,ただ単に「あなたには弁護人を選任する権利があります。」とだけ告知していましたが,それだと被疑者・被告人は「はい,分かりました。」とだけ答え,「○○弁護士を選任します。」と伝える機会がないことがありました。それを改め,弁護士や弁護士会・弁護士法人を指定して選任を申し出ることが出来ることをも伝えなければならないように改正されました。これによって,弁護人選任等に関する教示事項について,一定の整備が図られたといえます。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。