刑訴一部改訂解説(4) – 証人等を保護するための措置|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑訴一部改訂解説(4) – 証人等を保護するための措置

刑事弁護コラム

刑訴一部改訂解説(4) – 証人等を保護するための措置

概要及び解説

 証人やその親族に対する加害のおそれがある場合に,検察官は,証人の氏名及び住居といった情報を保護するための措置をとることができるようになりました。
 具体的には,被告人には知らせてはならないという条件をつけたうえで,証人の氏名と住居を弁護人にだけ知らせることができます。場合によっては,弁護人にすら知る機会を与えずに,単に氏名に代わる呼称と住居に代わる連絡先のみ知らせることも可能です。もっとも,いずれの場合にせよ,被告人の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがあってはなりません。
 さらに,公開の法廷においても氏名や住居といった証人等特定事項を保護する措置がとることができるようになりました。証人やその親族に加害のおそれがある場合や証人の名誉等が害されるおそれがある場合に許されます。
 また,ビデオリンク方式による証人尋問の拡充も定められました。裁判所は,証人やその親族に対する加害のおそれがある場合や証人が遠隔地にいて様々な事情により,被告人のいる法廷に出頭することが著しく困難な場合などの一定の場合に,相当と認めるときは,被告人が在廷する法廷とは別の裁判所との間でビデオリンク方式により証人尋問ができるようになりました。
 以上のように,加害者による報復のおそれを防ぐとともに,被害者を含む証人に対する時間的・精神的な負担を軽減することで,証人にとって証言がし易い環境を整備して,充実した公判審理の実現がなされることがねらいです。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。