刑訴一部改訂解説(5) – 取調べの録音・録画 ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑訴一部改訂解説(5) – 取調べの録音・録画制度の導入

刑事弁護コラム

刑訴一部改訂解説(5) – 取調べの録音・録画制度の導入

概要及び解説

 刑事訴訟法の改正により,取調べの録音・録画制度が新たに導入されました。議論の段階では,全ての事件の取調べを録音・録画するべきだという意見もありましたが,裁判員裁判対象事件などの一部の事件で,かつ逮捕や勾留により被疑者の身体的拘束がなされている事件に限られました。
 このような事件であれば,原則として取調べの全過程を録音・録画することになりますが例外もあります。例えば,やや考え難いことではありますが,録音・録画をするための機器が故障してしまったような場合があります。他にも,指定暴力団が犯罪に関与している場合などは被疑者が報復されることを恐れて本当のことを話せなくなる恐れが高いので,録音・録画をしないことも許容されます。
 このように録音・録画された記録媒体は,被告人の供述書の任意性を立証する時に使用されます。すなわち,録音・録画したものを法廷で確認することにより,警察や検察が脅しや暴力を用いて被疑者に無理矢理自供させていないかなどをチェックすることが可能になるのです。この記録媒体の取調べ請求を検察が拒むような場合には,当該書面の取調べも裁判所が却下することになります。
 このような制度により,捜査機関による録音・録画義務が間接的に担保されていることになります。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 坂本 一誠

坂本 一誠  弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

岩澤 祐未  弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第7 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

恐喝罪の条文

目次恐喝罪の条文(懲役・時効)について恐喝罪の起訴・不起訴(起訴猶予)について恐喝罪の判例・裁判例について 恐 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。