大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか?|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか? 大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか?

大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか?

 大麻取締法は,大麻草全体を規制対象にはしておりません。大麻取締法第1条で規制される大麻から成熟した茎や種子は除くとされていて,これらのものを所持するだけでは処罰されません。
 何故かと言いますと,大麻草全体に有害な物質が含まれているという訳ではないからです。幻覚作用等の有害作用を生ぜしめるのは,THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分で,これが大麻特有の多幸感,幻覚,妄想などを引き起こし有害性があるとされるのです。このTHCは,大麻草の樹液に多く含まれ,大麻草の花や葉っぱにはこの樹液が多く含まれているのに対し,成熟した茎や種子にはTHC成分はほとんど含まれていないのです。
 日本では伝統的に茎の部分は麻織物や麻縄に利用され,種子は七味唐辛子に使用されるなどして親しまれております。こうしたことから「成熟した茎や種子の部分は有害性がほとんどない」として規制対象から外されたのです。
 ところが,これら茎や種子に全くTHCが含まれていないかというとそうではなく,微量なTHCが含まれていることがあります。そのため,この茎や種子が体内に入った場合に,尿検査で微量な大麻成分(THC)が検出されることが絶対ないとは言えません。そして重要なことは,尿として排出されたものが大麻の茎だったのか,種子だったのか,それとも樹脂(樹液が固まったもの)や花の部分や草の部分だったのか,特定できないことです。
 尿検査で大麻の陽性反応が出たからと言って,それが規制対象である大麻の花や葉っぱ,あるいは大麻樹脂と言われるものをその人が摂取したとは必ずしも言えなくなるわけです。
 そこで,大麻にあたっては覚せい剤とは異なり,使用罪は処罰範囲から除外されたのです。決して有害性が小さいから目こぼしとして不処罰とされているわけではありません。処罰範囲の明確化という刑法の大原則である罪刑法定主義の観点から不処罰とされているのです。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。