弊所で扱った痴漢冤罪事例集|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

弊所で扱った痴漢冤罪事例集

刑事弁護コラム 弊所で扱った痴漢冤罪事例集

千葉県の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴

事案の概要

 ある日,私はいつものように弟と電車で通学していると,突然,車内で女性の声がしました。そして,声がすると同時に,私は私服警察官に腕を掴まれ,痴漢行為の現行犯として検挙されました。

証拠関係(主張関係)

1 検挙された際,被疑者の両手は吊皮を握持しており,痴漢行為ができる客観的状況にはありません。
2 通常の感覚からして,実弟が隣に居て痴漢行為に及ぶとは考えられません。
3 当時,被疑者は肋骨を負傷しており,痴漢行為に及ぶ身体的精神的状況にはありません。
4 被疑者は性同一性障害の疑いのある者であり,痴漢行為に及ぶことは同人の性質・傾向を考えるとあり得ません。
5 被疑者の自供書は,警察官の脅迫により作成された違法無効な物であり,証拠能力はありません。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴(示談済み)

事案の概要

 ある朝,私は電車内で,女子高生に対してスカートの上から痴漢行為をはたらいたとして,逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

1 被疑事実は,左手掌及び同手甲で被害者スカートの上から右側臀部付近を撫で触るなどしたというものです。しかし,本件は被害者供述を支える客観的証拠を欠いており,証拠上,被疑事実は認定できません。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴(示談済み)

事案の概要

 ある朝,電車に乗っていると,突然女性に手を掴まれ「痴漢です」と叫ばれました。その後,近くにいた男性に腕を掴まれ警察に引き渡され,痴漢行為をはたらいたとして,逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

1 被疑者の腕を掴んだ男性は,被疑者の犯行を目撃していたわけではないため,被疑者の犯人性を認定する証拠は被害者の供述のみです。このような場合には,被疑事実の認定については慎重な判断が求められ,被害者供述を支える客観的証拠を欠く場合など,証拠不十分の場合には,嫌疑不十分として不起訴処分にするべきであります。
2 本件についてみるに,本件は被害者供述を支える客観的証拠の乏しい事案です。また,被害者は本件前日に被疑者の顔を見たことから,本件当日に痴漢に遭った際,咄嗟に被疑者の顔を見て犯人と決めた可能性も十分にあるのであって,被害者が犯人の同一性に関して思い込みや勘違いをしている可能性を否定しきれません。
3 以上からすると,本件は被害者供述を支える客観的証拠を欠いており,嫌疑不十分として不起訴処分が妥当であると考えます。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴(示談済み)

事案の概要

 走行中の電車内で,手の甲が被害者の身体に触れたとして,目撃した男性と口論になり,その後痴漢容疑で逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

1 被疑者と目撃者が痴漢行為の有無について口論している際にも,被害者は目撃者に賛同する等しておらず,被害者自身,被害の認識がなかったといえます。
2 電車の揺れによって偶然被疑者の手の甲が被害者の身体に触れたところを目撃者が目撃した可能性も否定できません。
3 1,2に鑑みると,本件において被疑者を痴漢事件の犯人として公訴を提起する十分な証拠があるとは言えません。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴(示談済み)

事案の概要

 私は,電車内において,被害者のズボンの上から痴漢行為をはたらいたとして,逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

 1 一般的に電車内の痴漢事件においては,「被害者の思い込みその他により被害申告がされて犯人と特定された場合,その者が有効な防御を行うことが容易ではないという特質が認められることから,これらの点を考慮した上で特に慎重な判断をすることが求められる」(最判平成21年4月14日)ことから,公訴を提起する段階においても,被疑事実の認定については慎重な判断が求められ,被害者供述を支える客観的証拠を欠く場合など,証拠不十分の場合には,嫌疑不十分として不起訴処分にするべきであります。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴(示談済み)

事案の概要

 私は,走行中の電車内において,突然被害女性から腕を掴まれ,痴漢容疑で逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

1 被害者は,自分の身体に触れている腕を直接掴まえたという訳ではなく,犯人による痴漢行為が終わり,電車が止まってから,偶然近くにいた被疑者を痴漢の犯人として逮捕しているもので,被疑者による犯行を現認したものではありません。
2 犯行当時,電車内が混み合っており,被害者の近くには被疑者以外の乗客も多数存在したことから,被害者が被疑者を真犯人と誤認した可能性を否定することはできません。
3 1,2に鑑みると,本件では被害者供述を支える客観的証拠を欠いており,嫌疑不十分として不起訴処分にするべきであります。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴(示談済み)

事案の概要

 私は,走行中の電車内において,突然見知らぬ乗客から腕を掴まれ,痴漢容疑で逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

1 本件において被疑者は,被害者以外の乗客に腕を掴まれる等して逮捕されているものの,当該逮捕者は被害者の申告を鵜呑みにしたうえで,被疑者を痴漢の犯人として逮捕しているもので,被疑者による犯行を現認したものではありません。
2 犯行当時,電車内は混みあっており,被害者の近くには被疑者以外の乗客も多数存在していたことから,被害者が被疑者を真犯人と誤認した可能性を否定することはできません。
3 1,2に鑑みると,本件では被害者供述を支える客観的証拠を欠いており,嫌疑不十分として不起訴処分にするべきであります。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴(示談済み)

事案の概要

 私は,走行中の電車内において,痴漢行為をはたらいたとして,逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

1 犯行当時は通勤時間帯であり,電車内が混みあっており,被害者の近くには被疑者以外の乗客も多数存在したことから,被害者が被疑者を真犯人と誤認した可能性を否定することはできません。
2 仮に被疑者の手が被害者の身体に触れたことがあったとしても,満員電車内において,偶然手や鞄が周辺の乗客に触れてしまうことは多々認められることであり,被害者の身体に意図的に触れたと認めることはできません。
3 痴漢事件においては,「特に慎重な判断」が求められます。本件は犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分であることは明らかであり,嫌疑不十分として不起訴処分が妥当であると考えます。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴

事案の概要

 私は,走行中の電車内において,痴漢行為をはたらいたとして,逮捕されました。

事案の概要

 私は,彼女と電車からホームに降りる際,女性に痴漢行為をしたとして逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

 本件当時,犯行があったとされる現場においては,被疑者と被害女性のみならず,被疑者の交際相手,被害女性の連れの男性もおり,本件の処分を検討する上で,両当事者のみならず,その関係者の事情聴取が必要不可欠と思われます。
 そのような状況にあるにも拘らず,担当検事は現時点までにおいて被疑者などの事情聴取を全く行おうとしていません。
 本件での捜査が進まないことから,被疑者及び被疑者の交際相手,そして被疑者の家族は,被疑者が無実でありながら,捜査が適切な時期になされなかったことによる証拠の散逸により,検事が起訴するのではないかという精神的なストレスを抱えており,毎日不安な日々を過ごしています。
 被疑者等の取調べを早期に行っていただくなどの捜査の早期進展を切にお願いします。

東京都の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴(示談済み)

事案の概要

 私は,走行中の電車内において,痴漢行為をはたらいたとして,逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

1 犯行当時は通勤時間帯であり,電車内が混みあっており,被害者の近くには被疑者以外の乗客も多数存在したことから,被害者が被疑者を真犯人と誤認した可能性を否定することはできません。
2 仮に被疑者の手が被害者の身体に触れたことがあったとしても,停車中の満員電車に乗車する際に,偶然手や鞄が周辺の乗客に触れてしまうことは多々認められることであり,被害者の身体に意図的に触れたと認めることはできません。
3 痴漢事件においては,「特に慎重な判断」が求められます。本件は犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分であることは明らかであり,嫌疑不十分として不起訴処分が妥当であると考えます。

強制わいせつ事案,非行事実なし

事案の概要

 私は,サークル合宿中の飲み会において,知人に対し,女子トイレ内や部屋の中でわいせつな行為をしたとして,強制わいせつ罪で逮捕されました。

証拠関係(主張関係)

1 本件では,捜査段階で,被疑者が準強制わいせつの犯意を認めるような供述をしたとされる調書が存在しますが,これらは捜査官の強引な取調べによって,被疑者が自白を迫られた結果,作成されたものであって,これらの調書には任意性に疑いがあり,信用性がありません。

2 被害者の供述は,他のサークル関係者の供述と整合していない等,供述に信用性がありません。本件非行事実は被害者の供述に支えられている部分が大きく,被害者の供述が信用できないとすると,関係者らの供述する客観的事実を前提にして,被疑者が被害者の同意があると思っていたかどうかを考えると,強制わいせつ罪(及び,準強制わいせつ罪)の故意はありません。


「痴漢」に関する取扱い分野

痴漢事件で逮捕されたら

痴漢(迷惑防止条例違反)の弁護士費用は,ご利用しやすい価格で  ご利用しやすい,分かりやすい費用体系でご依頼者様を強力弁護します。  また,「クレ ...

「痴漢」に関する法律相談Q&A

「痴漢」に関する刑事弁護コラム

弊所で扱った痴漢冤罪事例集

千葉県の痴漢事案,嫌疑不十分で不起訴 事案の概要  ある日,私はいつものように弟と電車で通学していると,突然,車内で女性の声がしました。そして,声 ...

痴漢の判例

東京簡易裁判所平成12年1月7日 事案の概要  被告人が,走行中の電車内において,被害者の着衣の上から,手指でその臀部付近を触って揉んだという東京 ...

「痴漢」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「痴漢」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。