最新判例 平成26年7月4日 – 心神耗弱者の過剰懲役刑についての非常上告|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成26年7月4日 – 心神耗弱者の過剰懲役刑についての非常上告

刑事弁護コラム

最新判例 平成26年7月4日 – 心神耗弱者の過剰懲役刑についての非常上告

事案

 被告人に対する福岡県迷惑行為防止条例違反被告事件について,犯行当時中等度精神遅滞及び飲酒酩酊のため心神耗弱の状態にあったものであると,認定した。そして,累犯前科の事実も認定した上で,被告人の所為につき,福岡県迷惑行為防止条例の所定刑のうち,懲役刑を選択し,「被告人を懲役1年2か月に処する。」との判決を言い渡した。
 この確定判決につき,検事総長から非常上告の申立てをされた事案。

判旨(最判 平成26年7月4日)

 …原判決認定の罪は心神耗弱者の行為であるから,刑法39条2項,68条3号を適用して必要的減軽をすべきところ,本件条例12条1項,11条1項,6条1号によれば,原判決認定の罪の法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金であり,懲役刑を選択し,累犯加重をした上で,刑法39条2項,68条3号により法律上の減軽をすると,その処断刑の長期は懲役1年となる。そうすると,これを超過して被告人を懲役1年2月に処した原判決は,法令に違反し,かつ,被告人のため不利益であることが明らかである。

コメント

 非常上告とは,判決が確定した後にその事件の審判に法令違反があることを理由として認められる非常救済手続です(刑事訴訟法454条)。
 そして,心神耗弱状態とは,責任能力が著しく低下した状態をいいます。そして,心神耗弱状態と認められると,刑が必ず減刑されます(必要的減刑)。
 本事案では,条文を適用すると,長期の懲役は1年が限度であるにもかかわらず,それを超えていたため,非常上告をし,最高裁によって法令の適用に誤りがあると認められました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。