最新判例 平成27年12月4日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年12月4日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年12月4日

事案

 被告人が,被告人の養母を保険金目的で溺死させて保険金を騙し取ったことと,金銭トラブルで被告人の伯父を刺殺したことについて,殺人2件と詐欺1件で起訴された事案(裁判員裁判)。死刑の判決に対して,「刑の量定が甚しく不当」(刑訴法411条2号)として争われた。

判旨(最判 平成27年12月4日)

 被告人の犯行は「いずれも利欲的ないし身勝手な動機による計画性の高い,冷酷,非道な犯行である。理不尽に二人の生命が奪われた結果は極めて重大であり,(中略)被害者遺族らの処罰感情は厳しい。(中略)被告人は,共犯者が意のままになることを利用して(中略)おり,その責任は共犯者より相当に重い。被告人は,不合理な弁解に終始し,反省の情もうかがわれない。以上のような事情に照らすと,罰金前科しかないことなど,被告人のために酌むべき事情を十分考慮しても,被告人の刑事責任は極めて重大であり,原判決が維持した第1審判決の死刑の科刑は,やむを得ないものとして当裁判所もこれを是認せざるを得ない」。

コメント

 死刑は生命を奪う極刑であることから慎重に選択されるべきとして,「犯行の罪質,動機,態様ことに殺害の手段方法の執拗性・残虐性,結果の重大性ことに殺害された被害者の数,遺族の被害感情,社会的影響,犯人の年齢,前科,犯行後の情状等各般の情状を併せ考察したとき,その罪責が誠に重大であつて,罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむをえないと認められる場合には,死刑の選択も許される」(最判昭和58年7月8日,永山事件)とされている。
 本判決も,この基準に基づいた上で,動機,犯行の態様,被害感情や情状の点から,罪責が極めて重大で極刑もやむを得ないと判断したものと考えられる。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。