最新判例 平成27年2月2日 – 死刑制度の合憲性が問題となった事案(「秋葉原連続殺傷事件」)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年2月2日 – 死刑制度の合憲性が問題となった事案(「秋葉原連続殺傷事件」)

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年2月2日 – 死刑制度の合憲性が問題となった事案(「秋葉原連続殺傷事件」)

事案

 被告人が,秋葉原の歩行者天国における無差別殺人を企て,トラックを通行人らに衝突させて跳ね飛ばし,3名を殺害,2名に傷害を負わせた上,さらにトラックを降り,逃げる通行人らをダガーナイフで次々に突き刺すなどし,4名を殺害し,8名に傷害を負わせ,現行犯逮捕しようとした警察官に上記ナイフを突き出し,その際に職務の執行を妨害するなどした事案。

判旨(最判 平成27年2月2日)

 死刑制度が憲法13条,31条,36条に違反しないことは最高裁判所の判例(最判昭和23年3月12日刑集2巻3号191頁,最判昭和30年4月6日刑集9巻4号663頁,最判昭和36年7月19日刑集15巻7号1106頁)とするところであり,憲法違反の主張には理由がない。

コメント

 本件は,「秋葉原連続殺傷事件」として社会的に注目を浴びた事件です。原判決が被告人を死刑に処したため,死刑制度の合憲性が問題となりました。
 死刑制度が幸福追求権を保障する憲法13条,適正手続に関する憲法31条,残虐な刑罰を禁ずる憲法36条に違反するか否かについては,従来,議論がされてきました(上記三判例参照)。
 上記昭和23年判決は,憲法13条との関係では,「公共の福祉という基本的原則に反する場合には,生命に對する国民の権利といえども立法上制限乃至剥奪されることを當然豫想している」とした上,憲法31条との関係では,「憲法は現代多數の文化国家におけるのと同様に,刑罰として死刑の存置を想定し,これを是認したものと解すべきである」とし,また,憲法36条との関係では,「刑罰としての死刑そのものが,一般に直ちに同條にいわゆる残虐な刑罰に該當するとは考えられない」として,死刑制度が憲法に違反しないことを認めており,本判決もこの立場を維持するものであると評価できます。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

弁護の精神

弁護の精神  私は,かつて検察官として,犯罪を摘発し,犯人を訴追し,処罰する公訴官を務めておりました。巨悪を眠らせない。被害者とともに泣く。真面目に ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。