最新判例 平成27年2月23日 – 検察官の執行指揮に基づく納付告知及び督促があったときの訴訟費用 ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年2月23日 – 検察官の執行指揮に基づく納付告知及び督促があったときの訴訟費用負担の裁判の執行に関する異議申立ての許否が問題となった事案

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年2月23日 – 検察官の執行指揮に基づく納付告知及び督促があったときの訴訟費用負担の裁判の執行に関する異議申立ての許否が問題となった事案

事案

 有罪とされた申立人が,訴訟費用負担の裁判につき,刑事訴訟法502条による裁判の執行に関する異議を申し立てた事案。
 検察官の執行指揮に基づき納付告知及び督促はされていたものの,未だ同法490条1項による徴収命令が出されていなかったため,この時点で異議申立てをすることが許されるか,すなわち,徴収命令に先立つ納付告知及び督促が「執行に関し検察官のした処分」(刑事訴訟法502条)に当たるかが問題となった。

判旨(最判 平成27年2月23日)

 検察官は,訴訟費用負担の裁判について,刑訴法472条の執行指揮をし,これに基づき,徴収担当事務官が,申立人に対し納付告知書及び督促状を送付している。これらは,検察官の執行指揮の内容を告知し納付を催促するため,徴収事務を制度化した徴収事務規程(平成25年3月19日法務省刑総訓第4号)に基づき,検察官の命により送付されたものであり,同法502条の「執行に関し検察官のした処分」であると解すべきであって,同法490条1項による徴収命令の出される前であっても,訴訟費用負担の裁判の執行に対する異議の申立てをすることができる。

コメント

 刑事訴訟法502条は「裁判の執行を受ける者…は,執行に関し検察官のした処分を不当とするときは,言渡をした裁判所に異議の申立をすることができる。」と規定しており,同条に基づき異議申立てをするためには,その対象が「執行に関し検察官がした処分」に該当する必要があります。
 刑事訴訟法490条1項に基づき,徴収命令というものが出されていれば,これが「執行に関し検察官がした処分」に当たるため,502条に基づき異議申立てをすることができます。しかし,本件事案のように,納付告知及び督促はされていたものの,未だ同法490条1項による徴収命令が出されていない場合であっても502条による異議申立てができるのか,徴収命令に先立つ納付告知及び督促が「執行に関し検察官のした処分」に当たるか否かについては見解が分かれていました。
 たしかに,納付告知及び督促は,検察官が徴収金の支払いを催告するものに過ぎず,申立人の権利義務に対して影響を与えるものではありません。しかし,納付告知及び督促は,徴収事務規程に基づくものであり,検察官の権力行使の一場面であるといえます。本決定は,このような観点から,徴収命令に先立つ納付告知及び督促が「執行に関し検察官のした処分」に当たると判断したものと評価できます。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

弁護士を雇う必要がありますか

弁護士を雇う必要がありますか  民事事件では,特に少額訴訟などにおいて,本人訴訟なども珍しくなく,本人が訴訟の原告となり,あるいは,被告になり, ...

盗撮の判例

川崎簡判平成14年5月28日 事案の概要  被告人は,走行中の電車内において,乗客V(当時23歳)に対し,その臀部左側をスカートの上から右手でなで ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。