最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所が ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案

事案

 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案。

判旨(最判 平成27年2月24日)

 本件は,申立人の上告取下げに伴い当裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てであるところ,終審である最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対しては不服申立てをすることが許されないから,本件申立ては不適法である。

コメント

 訴訟が判決等によって終了した場合ではなく,訴訟上の和解の効力が争われており,裁判所が,この効力について判断を示し,訴訟が終了していることを宣言する場合があります。これは訴訟終了宣言と呼ばれます。
 本判例は,このような訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てが許されるか否かが問題となったものです。
 最高裁判所が終審裁判所である以上,最高裁判所の決定に対しては,不服申立てをすることは許されないのが原則となります。
 しかし,判例は,上告棄却決定に対する異議申立て(最決昭和30年2月23日刑集9巻2号372頁),最高裁判所での保釈保証金没取決定に対する異議申立て(最決昭和52年4月4日刑集31巻3号163頁)については,合理的理由と法律的必要があるとして,例外的に許されることを認めました。
 また,昭和61年決定は,高等裁判所がした控訴取下げによる訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てを認めました(最決昭和61年6月27日刑集40巻4号389頁)。
 そのようななか,本決定は,訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てを認めず,最高裁判所の決定に対しては,不服申立てをすることは許されないとの原則を確認したものであると位置づけることができます。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 田代 和也

田代 和也  弁護士田代和也は,同志社大学法学部法律学科を卒業後,大阪大学法科大学院を経て司法試験に合格し,司 ...

アソシエイト 輿石 祐司

輿石 祐司  弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。