最新判例 平成27年2月3日 – 裁判員裁判による死刑判決を破棄して無期懲役とした原判決が是認され ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年2月3日 – 裁判員裁判による死刑判決を破棄して無期懲役とした原判決が是認された事例

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年2月3日 – 裁判員裁判による死刑判決を破棄して無期懲役とした原判決が是認された事例

事案

 被告人は,被害者の住むマンションに侵入し,同所に居た被害者を殺害して金品を強奪しようと決意し,殺意をもってその頸部を包丁で刺して死亡させた。裁判員裁判の第1審判決は,被告人を死刑に処したが,原判決は「裁判員と裁判官が評議において議論を尽くした結果であるが,無期懲役刑と死刑という質的に異なる刑の選択に誤りがあると判断できる以上,破棄は免れない」として無期懲役に処した。検察官,被告人双方が上告した事案。

判旨(最判 平成27年2月3日)

 前科を除く諸般の情状からすると死刑の選択がやむを得ないとはいえない本件において,被告人に殺人罪等による相当長期の有期懲役の前科があることを過度に重視して死刑を言い渡した第1審判決は,死刑の選択をやむを得ないと認めた判断の具体的,説得的な根拠を示したものとは言い難い。第1審判決を破棄して無期懲役に処した原判決は,第1審判決の前記判断が合理的ではなく,本件では,被告人を死刑に処すべき具体的,説得的な根拠を見いだし難いと判断したものと解されるのであって,その結論は当審も是認することができる。したがって,原判決の刑の量定が甚だしく不当であり,これを破棄しなければ著しく正義に反するということはできない。

コメント

 第1審の裁判員裁判において死刑の判決が処されましたが,原判決において第1審判決を破棄し無期懲役を選択したという事案です。本件のようなケースについては,国民の良識を反映させる趣旨で導入した裁判員裁判であるにもかかわらず,控訴審の職業裁判官の判断によって判断が変更されるのであれば,裁判員裁判の意味がないのではないかという批判があります。確かに,量刑不当の場合に職業裁判官の感覚を重視して,裁判員裁判の判断を安易に変更すべきではありません。もっとも,上訴制度上は判断の変更がなされること自体はやむを得ないことでもあり,むしろ国民の感覚と法曹の専門性が相互に交流し理解を深めていくことが裁判員裁判の目的であり,変更を許容しないものではありません。
 本件について,第1審判決が重視した被告人の前科とは,口論の上妻を殺害し子の将来を悲観して道連れに無理心中しようとしたというもので,本件の犯行とは関連が薄く,これを重視して死刑を選択することは合理的とは言い難いでしょう。裁判員と職業裁判官どちらの判断を重視するかということではなく,裁判員にも明確な死刑選択の基準の必要性が高まっています。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

控訴の手続きとは

控訴の手続きとは 誤った未確定判決からの救済  無実であるのに有罪判決を受けたり,本来,執行猶予判決が相当であるのに実刑判決を受けるなどした場合, ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。