最新判例 平成27年4月15日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年4月15日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年4月15日

事案

 準強制わいせつ被告事件の被告人に対して,原々決定は,被害者らとの接触を禁止するなどの条件を付した上で保釈を許可した。検察官が抗告を申し立てたところ,原決定は,被告人が罪証隠滅することは容易で,その実効性も高いとして,保釈を許可した原々決定を取り消した。これに対して,さらに特別抗告がなされた事案。

判旨(最判 平成27年4月15日)

 原々審は…現時点では…被告人による罪証隠滅のおそれはそれほど高度のものとはいえないと判断したものである。それに加えて,被告人を保釈する必要性や,被告人に前科がないこと,逃亡のおそれが高いとはいえないことなども勘案し,(被害者との接触禁止等の)条件を付した上で裁量保釈を許可した原々審の判断は不合理なものとはいえず,原決定は,原々審の判断が不合理であることを具体的に示していない。そうすると,原々決定の裁量の範囲を超えたものとして取り消し,保釈決定を却下した原判決には…違法があり…原決定を取り消さなければ著しく正義に反するものと認められる。

コメント

 裁量保釈(刑事訴訟法90条)が認められるのは,本来であれば保釈すべきでない事情があるにも関わらず,保釈を認めるのを相当とする特段の事情が存在すると裁判所が判断した場合です。本件は,原々決定において1度許可された保釈を,原決定が取り消すことはどのような場合に認められるかということが争点となりました。
 この点,参考にすべきは,平成26年11月18日第1小法廷決定(刑集68巻9号1020頁)であり,「抗告審は,原決定の当否を事後的に審査するものであり,被告人を保釈するかどうかの判断が現に審理を担当している裁判所の裁量に委ねられていることに鑑みれば,抗告審としては,受訴裁判所の判断が,委ねられた裁量の範囲を逸脱していないかどうか,すなわち不合理でないかどうかを審理すべきであり受訴裁判所の判断を覆す場合は,その判断が不合理であることを具体的に示す必要がある」と判示されています。明示はされていませんが,本決定も26年決定の理解に従ったものと評価できるでしょう。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。