最新判例 平成27年5月25日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年5月25日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年5月25日

事案

 温泉施設から漏出したメタンガスが爆発して温泉施設の従業員等3名死亡,3名負傷した事件において,この温泉施設の設計を請け負った被告人がメタンガス爆発を防ぐための設備について適切に説明しなかったとして,業務上過失致死罪に問われた事案。

判旨(最判 平成27年5月25日)

 「被告人は,(中略)職掌上,同施設の保守管理に関わる設計上の留意事項を施工部門に対して伝達すべき立場にあり,自ら,ガス抜き配管に取り付けられた水抜きバルブの開閉状態について指示を変更し,メタンガスの爆発という危険の発生を防止するために安全管理上重要な意義を有する各ガス抜き配管からの結露水の水抜き作業という新たな管理事項を生じさせた。そして,水抜きバルブに係る指示変更とそれに伴う水抜き作業の意義や必要性について,施工部門に対して的確かつ容易に伝達することができ,それによって上記爆発の危険の発生を回避することができたものであるから,被告人は,水抜き作業の意義や必要性等に関する情報を,本件建設会社の施工担当者を通じ,あるいは自ら直接,本件不動産会社の担当者に対して確実に説明し,メタンガスの爆発事故が発生することを防止すべき業務上の注意義務を負う立場にあったというべきである。本件においては,この伝達を怠ったことによってメタンガスの爆発事故が発生することを予見できたということもできるから,この注意義務を怠った点について,被告人の過失を認めることができる。」

コメント

 業務上過失致死罪が成立するためには,危険が発生することを予測できたのに危険の発生を防止する措置を採らなかったことが必要となります。本件では,被告人が温泉施設のメタンガス爆発を防ぐための装置を常時は作動させないという指示をしたことによって,ガス爆発を防ぐための施設管理者の管理事項(水抜き作業)が増えているため,この管理事項については被告人に伝達義務があるとしました。
 また,この水抜き作業が行われないことによって爆発事故が起こるかもしれないことは予測できるため,伝達しなかった被告人には過失があると判断されました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。