最新判例 平成27年9月15日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年9月15日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年9月15日

事案

 会員制リゾートクラブであるB倶楽部の会員権販売等を組織的に行っていた株式会社Aの実質オーナーとして業務全般を統括掌理していた被告人は,Aの従業員や役員らと共謀の上,真実はAが大幅な債務超過により施設利用預託金の5年後の返還及び付与された宿泊ポイントの未利用分の払い戻しに応じる意思も能力もないのに,B倶楽部の施設利用預託金及び施設利用料の名目で,多数の被害者から約4億円の金員の交付又は振込入金を受けるとともに,約1億5千万円の返還の履行期限の延期を受けた。組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(以下「組織的犯罪収益法」という。)3条1項9号違反の罪(以下「組織的詐欺罪」という。)の成否が問題となった事案。

判旨(最判 平成27年9月15日)

 被告人はもとより,…Aの主要な構成員にあっては,遅くとも平成21年9月上旬の時点で,Aが実質的な破綻状態にあり,集めた預託金等を返還する能力がないことを認識したにもかかわらず,それ以降も…組織による営業活動として,B倶楽部の施設利用預託金及び施設利用料の名目で金銭を集める行為を継続したというのである。上記時点以降,上記営業活動は,客観的にはすべて「人を欺いて財物を交付」させる行為に当たることとなるから,そのような行為を実行することを目的として成り立っている上記組織は,「詐欺罪に当たる行為を実行するための組織」に当たることになったというべきである。

コメント

 本件は,組織的犯罪収益法の組織的詐欺罪の成否が問題となり,「団体の活動」として,「当該罪(ここでは詐欺罪)に当たる行為を実行するための組織」により行われたといえるかが争点でした。最高裁は,「団体」とは共同の目的を有する多数人の継続的結合体であって,その目的又は意思を実現する行為の全部又は一部が組織によって反復して行われるものをいうとし,Aは「団体」に当たるとしています。そして,施設利用預託金及び施設利用料を集める行為は,Aの意思決定に基づき,その効果や利益がAに帰属することから,Aという「団体の活動」に当たると認定しています。そのうえで,判旨のように述べ,Aは「詐欺罪に当たる行為を実行するための組織」に当たるとも認定しています。なお,元々はAが詐欺罪に当たる行為を実行するための組織ではなかった事実や,組織内に詐欺行為に加担している認識のない営業員や電話勧誘員がいたという事実があっても,上記の結論は変わらないと判示していることもポイントです。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

詐欺罪の条文

詐欺罪の条文(懲役・時効)について 刑法246条 1項人を欺いて財物を交付させた者は,10年以下の懲役に処する。 2項前項の方法により, ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。