最新判例 平成27年9月28日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年9月28日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年9月28日

事案

 被告人に対して保釈取消し決定及び保釈保証金の全部を没取する決定がなされ,それに対する抗告も棄却されたため,抗告人が特別抗告した事案。被告人に弁明や説明の機会を与えないまま保釈を取消し,保釈保証金の全部を没取したことが憲法31条に違反すると主張した。

判旨(最判 平成27年9月28日)

 「所論に理由がないことは,当裁判所の判例(後述)及びその趣旨に徴して明らかである。」

コメント

 保証金の没収にあたっては,憲法31条との関係から,告知・弁解・防御の機会得を与えることが求められています(最判昭和37年11月28日)。ただし,最決昭和43年6月12日では,「事後に不服申立の途が認められれば,予め告知,弁解,防禦の機会が与えられていないからといつて,所論のように原決定が違憲とは認められ」ないと判示されています。本判決は昭和43年決定に従って,被告人の抗告理由が認められないとしたと思われます。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。