最新判例 平成28年8月25日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成28年8月25日

刑事弁護コラム

最新判例 平成28年8月25日

事案

 傷害致死罪の裁判員裁判において,2週間のうちに7回の公判期日が行われた。弁護人は,公判調書が最終陳述までに作成整理されていないこと,及び,公判調書の整理期間を判決宣告日まで許容する刑事訴訟法48条3項が憲法31条に反すると主張したため,刑訴法48条3項と憲法31条の関係性が問題となった事案。

判旨(最判 平成28年8月25日)

 公判調書は,…公判期日後,速やかにこれを整理することが求められている。しかし,正確な公判調書を作成し整理するに当たってはある程度の日時を要することは避けられないところ,そのために集中審理の実現が妨げられるということは刑訴法の想定するものではない。…公判調書を作成する本来の目的は,公判期日における審判に関する重要な事項を明らかにし,その訴訟手続が法定の方式に従い適式に行われたかどうかを公証することによって,訴訟手続の公正を担保することや,上訴審に原判決の当否を審査するための資料を提供することなどにあると解される。
 そうすると,上記の公判調書を作成する本来の目的等を踏まえ,公判調書を整理すべき期間を具体的にどのように定めるかは,憲法31条の刑事裁判における適正手続の保障と直接には関係のない事項である。

コメント

 刑訴法48条3項は,公判調書の重要性及び作成整理に時間を要することを考慮した上で,公判調書の整理期間を規定しています。
 本決定は,裁判員裁判の導入を機に,書面主義の慣行を改め,本来の刑訴法が予定する口頭主義,直接主義に基づく集中審理を行うことを後押ししている点,公判調書の作成の目的につき,説示した点,及び,憲法31条に関係のない事項である旨を判示した点において,裁判実務に与える影響が大きいといえます。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

即決裁判制度とは

即決裁判制度とは  即決裁判手続とは,罰金または執行猶予が見込まれる軽微な事件(死刑または無期もしくは短期1年以上の懲役もしくは禁錮にあたらない事件 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。