示談をするということ|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

示談をするということ 示談をするということ

「示談をするということ」の意味

 被害者のいる犯罪,例えば,暴行,傷害,痴漢,盗撮,強制わいせつ,公然わいせつ,強制性交等(旧 強姦),準強制性交等(旧 準強姦)などでは,被害者との示談交渉を進める上で弁護士の存在は不可欠です。なぜ示談することが必要なのでしょうか。

 自分の刑を軽くするため?
 もちろんそうでしょう。しかし,それだけでしょうか?

 痴漢,傷害などの犯罪を起こしてしまった人の中には,「示談なんかしなくても,略式罰金刑を受けて罰金を払えばいいや。」などと考える人が,残念なことに少なからずいます。
 一方で,痴漢,盗撮,強制わいせつ,公然わいせつ,強制性交等(旧 強姦),準強制性交等(旧 準強姦),傷害などの刑事事件を起こしてしまった人,相手を傷つけてしまった人,そういう人でも逮捕された後,我に返り,「自分は何て酷いことを相手にしてしまったのだろう。被害者の方や家族を傷つけてしまった。申し訳ないことをした。」と後悔する人も少なくありません。それは,逮捕された人のご家族の方も同じ思いでしょう。

 「罰金さえ払えばいい」と割り切って,被害者に謝罪もせず,慰謝料も払わず,被害者を無視して,自己の犯罪行為に一方的に決着をつけた人は,いつか結婚して家庭をもったとき,子どもが生まれたとき,親が亡くなったときなどに,自らの人生を振り返ったときに,きっと過去の事件のことを思い出し,被害者やその家族のことを思い出し,人間としてやってはいけないことを二度も重ねて犯してしまった,と後悔するでしょう。
 「二度」というのは,被害者を犯罪行為によって傷つけ,しかも,その後,謝罪もせずに被害者とその家族を無視した,という意味です。

 人間は誰でも過ちを犯します。実は,人間としての真価が問われるのは,過ちを犯すか否かではなく,過ちを犯したときにどのように行動するかなのです。被害者と向き合うことは,自己の犯罪行為と向き合うことであり,傷つけた被害者の苦しみと向き合うこと,それが即ち自己の将来の生き方と向き合うことにもなるのです。
 そのことに思いを致せば,やはり,被害者にお詫びをしようということになるのではないでしょうか。

 何とか被害者の方にお詫びをしたい,被害者の方の治療費や慰謝料をお支払いしたい,しかしそれで果たして自分の罪を償ったことになるのだろうかと思い悩み始めます。そのとき,たぶんその人は更生の第一歩を踏み出したと言えるでしょう。
 「罰金さえ払えばいいや。」という人が,例えば「二度と同じ犯罪は起こさないよ。」と仮に思ったとしても,人の心を取り戻す道は遥か遠く先にあり,手の届かないところにあると,私は思うのです。

刑事弁護士 中村 勉


「示談」に関する取扱い分野

示談したい

示談が必要となる犯罪  被害者がいる刑事事件犯罪では,示談を検討しなければなりません。  暴行や傷害罪などの粗暴犯,強制性交等(旧 強姦),強 ...

「示談」に関する法律相談Q&A

「示談」に関する刑事弁護コラム

「示談」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「示談」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。