誤った痴漢冤罪対処法について|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

誤った痴漢冤罪対処法について

刑事弁護コラム 誤った痴漢冤罪対処法について

痴漢を疑われたら一刻も早く弁護士に連絡を

 近くの女性に「触ったでしょ。」「やめて下さい。」などと電車内で突然言われ,痴漢を疑われ駅で降ろされたとき,あなたにとって「逮捕」「実名報道」「家庭崩壊」といった危機状況が現実のものとなります。痴漢を疑われたらまずはすぐに弁護士に連絡することが大切です。
 痴漢を疑われた場合,その場から「逃げる」ことを勧める弁護士もいますが,私たち中村国際刑事法律事務所の弁護士からしますとそのようなことはお勧めできません。次に説明するように,痴漢の現場からの逃走は大きなリスクを抱え込んでしまうからです。
 とにかく電車での通学中,通勤中に女性から痴漢を名指しされたら,痴漢を疑われ駅員室に連れて行かれる途中でも駅員室に連れていかれた後でもいいので一刻も早く弁護士に連絡して下さい。
 中村国際刑事法律事務所ではこのような緊急事態に対応できるよう24時間年中無休の電話受付体制を設けております。弁護士への緊急連絡をいただいた場合には,関東一都三県の場合,弁護士が直ちに管轄する警察署に急行し,逮捕回避,勾留回避,勾留却下等の身柄解放活動に着手します。

逃げることで発生するリスクとは

有罪推定の警察・司法システムの下での痴漢検挙

 痴漢で被害に遭われる女性の方の屈辱感や無力感は,実際に痴漢被害に遭った方でないと理解できないないほど強く深刻です。人間の尊厳や人格の主体性をただ女性であるがゆえに否定され,単なる性的好奇心の対象のようにモノとして痴漢の対象にされるのです。弁護士から見ても,痴漢は憎むべき犯罪です。
 一方で,痴漢がそのように卑劣で非人間的な犯罪であればこそ無実の男性が痴漢犯人として間違われ,痴漢の犯人として逮捕され,勾留され,痴漢冤罪で濡れ衣を着せられることほど耐え難いことはありません。この屈辱感もまた実際に痴漢冤罪に巻き込まれた男性でなければ理解できないでしょう。しかし,弁護士が感じるのは,現在の司法システムの弊害は現実的には無罪推定という理念で仕組みが作られていないということです。ある無実の男性が電車の中で突然「この人,痴漢です。」と女性に声を挙げられ腕を掴まれたとします。その男性は「何かの間違いです。痴漢なんてしてないです。」と抗議する間もなく駅員に引き渡され,その駅員に「ちょっと,話を聞いて下さい。痴漢をしていません。」と言っても,「まあまあ,駅員室まで来て下さい。警察官がすぐに来ますから。」などとあしらわれて駅員室まで連れていかれ,それて間もなく警察官が来て,二言三言のやり取りはあっても「詳しいことは署で聞くから。」などと警察官に言われて,パトカーで警察署まで連れていかれてしまいます。警察署の取調べ室では,痴漢はやっていない,これは冤罪だなどと主張するもののそのまま逮捕。さらに,翌日には検察庁に連れて行かれ,さらに裁判所にも連れていかれ,10日間の勾留が決定するのです。次から次へとベルトコンベアに乗せられた段ボール箱のように,自分の意思は関係なく「痴漢冤罪生産装置」にかけられてしまう,それが「有罪推定」で出来上がっている警察・司法システムなのです。このことからも自分の身を守るため,すぐに弁護士に連絡することの重要性が分かると思います。痴漢冤罪から身を守るためには,弁護士が必要となるのです。

逃げた方が得か

 2008年4月,テレビ番組で人気弁護士が「痴漢に間違われたら全力で逃げろ」と勧めており,それが痴漢冤罪の”対処法”として流布しているそうです。問題はその弁護士の対処法が,痴漢冤罪に巻き込まれた者の対処法のみならず実際に痴漢をやった者の,逮捕・処罰されないための対処法としても広がっているということです。
 こうした”痴漢冤罪の対処法”がまかり通る背景には,上記で述べたように,現在の警察・司法システムが,「無罪推定」の理念で制度設計されておらず,「有罪推定」で作られているからです。痴漢では,客観的な証拠や目撃者などの証人がいない場合が多く,被害女性の供述だけで逮捕され,起訴され,痴漢で有罪とされるという捜査や裁判の実態があるのです。
 確かに,痴漢の被害女性の供述が信用できる場合には,法律上は他に客観的証拠や証人などがいなくても,有罪にはできます。
 テレビ番組の人気弁護士からすれば,そういう冤罪となるリスクを抱えるくらいなら全力で逃げ通して刑事司法手続に乗っからない方が良いとのリスク判断があるのでしょう。この冤罪リスク自体,否定しません。
 しかし,私たち中村国際刑事法律事務所では,逃げることで別の側面の3つのリスクがあることもお伝えしたいと思います。

逃げることで発生する3つのリスク

勾留されるリスク

 第1のリスクは,痴漢を疑われ逃走したがゆえに本来なら逮捕だけで済み勾留されないケースであったにもかかわらず,勾留されてしまうリスクです。現在の実務では,痴漢として被害届が出て,その容疑を否認している場合,逮捕・勾留を避けることはなかなか難しいです。しかし,痴漢容疑否認のままでも裁判官は勾留を却下することがあります。ところが,もし痴漢の被疑者となった者が現場で逃走を図っていたなら「逃亡のおそれあり」などとして,裁判官も勾留決定するのがほとんどです。つまり,痴漢を疑われ「逃げる」ことは,不必要な勾留を招いてしまうリスクを伴います。
 痴漢事件に強い中村国際刑事法律事務所では,元検事の弁護士2名をはじめ実績豊富な弁護士が在籍しており,依頼者が痴漢冤罪主張を維持し,弁護人が否認を維持するよう助言した事例で,否認にもかかわらず勾留請求が却下された実績が多数あります。

保釈請求が却下されるリスク

 次に,起訴の場面にあっても,同様のリスクがあります。捜査の過程で痴漢容疑を否認し続け,無罪主張を貫き通した場合,起訴される可能性が高いのですが,否認にあっても,現在では保釈が認められるケースが多いです。しかし,もし,痴漢犯人として検挙された当時,逃走を図って取り押さえられたといった事情がある場合,弁護士が保釈を申請しても,保釈が認められない可能性があるのです。これも「逃げる」ことのリスクです。

有罪の情況証拠になってしまうリスク

 痴漢事件のみならず,否認事件の裁判では,有罪か無罪かを決するのは,情況証拠です。もちろん,痴漢に遭ったと被害を主張する女性の証言は最も重要な証拠,直接証拠になりますが,その証言が信用できるかどうか,逆に,痴漢をやっていないと主張する被告人と弁護士の方が信用できるかどうかは,情況証拠の認定にかかっています。そして,検挙時に,痴漢を疑われ被告人が逃走を図ったということは,被告人に非常に不利な情況証拠として働きます。痴漢をやっていないのなら,逃げる必要がないではないかと裁判官は考えるからです。そのとき,弁護士が「司法は有罪推定で出来上がっていて,逃げないと無実の者も有罪とされてしまうのです。だから逃げたのです。」と裁判官に向かって言っても,裁判官は,まさにその批判の矛先となっている「司法」の一員ですから,説得力を持ちません。裁判官は自己否定をしません。結局,不利な事実として有罪の決め手となってしまい,誤った有罪判決を導いてしまうのです。こうして冤罪は生まれるのです。

2つの事件

事件ファイルその1

 電車で痴漢をやったとして被害女子高生に腕をつかまれた男性が「俺は痴漢をやっていない。」と冤罪を訴え,その場から逃走を図ろうとしたが,駅員や他の乗客に制止され,その男性が逃げようとして暴れているところへ多数の警察官が駆けつけました。
 警察官達による説得にもかかわらず,警察署への同行に抵抗し続け,一時間以上も,駅前の衆人環視の中で警察官と揉み合い,家族まで現場に駆けつける中で,痴漢の疑いで手錠をかけられ,パトカーに乗せられて警察署に連行されました。
 この場合,既に痴漢の被害女性らによって常人逮捕されており,その引致を警察が受けたわけで,手錠をかけることも違法ではありません。
 結局,その男性は,痴漢容疑で逮捕勾留され,勾留延長もされて20日間近くにわたって身柄を拘束されました。
 この勾留中に,この男性は実は痴漢をやったと素直に犯行を認め,示談も成立して不起訴となったのです。
 しかし,初めから痴漢の事実を認めて早めに弁護士に連絡し,弁護士とその後の対応について相談できていれば,弁護士が身柄拘束の必要性がないことなどを主張できました。そして,弁護士による弁護活動によって勾留どころか,逮捕されなかった可能性もあり,その日に家に帰ることができ,会社にも普通に通勤することができ,弁護士に示談を任せて起訴猶予となったはずなのです。
 後で弁護士がその男性に痴漢行為を否認した理由,警察署への同行を執拗に拒否した理由を聞いたところ,「警察署に連れていかれたらそれで人生おしまい,逮捕されてしまう,という話をネットで読んだことがあったから」ということなのです。

事件ファイルその2

 あるサラリーマンが電車内で女子高生に痴漢をしました。実際に痴漢をしていたのです。その被害女子高生に痴漢を咎められ,腕をつかまれて駅長室まで連れていかれそうになりました。すると,駅構内でその男性は,全速力で逃げてしまったのです。テレビ番組で弁護士が紹介していた痴漢冤罪の対処法に従い,逃げることに成功したのでした。
 しかし,その男性は,全然,嬉しくありませんでした。毎日毎日,いつ警察が自宅までやってくるかとビクビクしていたのです。家族や友人にも相談できず,弁護士にも相談しませんでした。そして,事件から約1か月後,とうとう「その日」がやって来ました。朝早く自宅のチャイムが鳴る音がしました。こんな朝早く何事かと妻が起きます。警察官が8人も9人もいました。痴漢容疑による家宅捜索でした。そしてその男性は任意同行を求められ,警察署で逮捕され,その後,20日間も勾留されました。
 後で分かったことですが,駅構内の防犯カメラ映像,降車駅改札の電磁記録,被害女性の面割り,おそらく張込みなどの地道な捜査活動で痴漢の犯人として特定することができたとのことでした。
 この男性は,逃走したということで非常に情状が悪いとされ,起訴されてしまいました。
 結局,テレビ番組で弁護士が紹介していた痴漢冤罪の対処法に従ったとしても,やはりリスクは常につきものだということです。
 痴漢事件に強い弊所としては,痴漢に間違われたら,または,痴漢をしてしまったら,すぐに弁護士を呼ぶことをお勧めします。そして,中村国際刑事法律事務所にご連絡いただければ,弁護士が直ちに面会・接見し,依頼者の状況にあった最善のアドバイスを提供します。

痴漢冤罪事件にみる犯人識別供述の信用性判断について

 下記は裁判例の紹介であり,当事務所が扱った事例ではありません。

最高裁における痴漢無罪判決(最判平21.4.14,平19(あ)第1785号)

 (1)最高裁判所判決であることから,法律審であることを原則としつつも,事実誤認の主張に関する審査は,「原判決の認定が論理則,経験則等に照らして不合理といえるかどうかの観点から行うべき」としている。
 同判例の事案は,本判決と同様,被害者供述のほかに物的証拠等の客観的証拠は存在しないものであった。
 その上で,被告人の年齢,前科前歴,この種の犯行を行うような性向をうかがわせる事情を確認し,これらが認められない場合には,被害者の供述の信用性判断は「特に慎重に行う必要がある」としている。
 (2)信用性判断の項目としては,
 ①痴漢被害が相当に執ようかつ強度なものであるにもかかわらず,被害者が回避行動を執っていないこと
 ②回避行動を執らなかったにもかかわらず被害者が被告人に対して積極的な糾弾行動をとったことがそぐわないこと
 ③一度下車の機会があったのに車両を替えることなく再び被告人の側に乗車しているのが不自然であることに着目している。

西武新宿線第1事件控訴審判決

 (1)第一審の有罪判決を覆し,無罪としている。
 (2)「一部始終を直接視認したり,犯行最中にその手を取り押さえるなどして犯人を特定しているわけではない」。
 本件では,供述の信用性について,「具体的被害の状況,その犯人が被告人であると識別した状況等について,その観察・認識家庭,記憶および表現の性格性等,証言の信用性に関する事項はもとより,証人の信用性に関する事項についても慎重に検討し,証明力を評価する必要がある」としている。
 すなわち,供述の過程にかかわる具体的な条件の検討と,証人自体の信用性にかかわる検討を要するとしている。

地裁における痴漢無罪判決(東京地判24.9.20)

 (1)被害者供述の信用性つき,仔細に検討している。
 (2)同判決では,
 ①具体的事情から犯人識別条件が低かったことを認定
 ②被害直後の精神的に混乱した状況での供述であったこと
 ③供述の変遷に着目し,被害者の犯人識別供述の信用性を判断している。

京浜急行第2事件控訴審

 (1)被害者供述の信用性及び繊維鑑定考慮の結果,逆転無罪を言い渡したものである。
 (2)「逮捕直後に採取された付着物の鑑定結果であれば,被告人の無実を証明する証拠になりうる」としている。
 (3)検討した裁判例の中では,繊維鑑定結果を考慮するものとして,検討に値するものである。

参考文献による整理

 (1)被害者証言供述が「詳細で具体的」「臨場感があり迫真性がある」「被告人を陥れるための虚偽告訴をする動機がない」「供述内容が不合理・不自然でない」「経験則に背反していない」「主観的確信に満ちている」との6要件がある。(痴漢冤罪の弁護現代人文社2004年秋山賢三ほか)
 (2)犯人と被告人の同一性に関する証拠としては,被害者・目撃者などの供述しかない場合あるいは主としてこれに依存している場合,この供述証拠の証明力の評価は慎重でなければならないとした上で,被害者・目撃者らが自覚しない観察の誤り,記憶の変容,暗示等による識別の誤りが問題となりうるとしている。(刑事事実認定入門第二版判例タイムズ社2010年石井一正)
 (3)目撃証人の供述の正確性が常に保障されているとは限らない。目撃の過程自体に誤りが混入することを完全に防止することは難しいし,暗示や誘導によって容易に記憶の変容を生ずるおそれがある。そこで,誤った又は変容された記憶に基づくものでないかどうかに十分注意する必要がある,としている(刑事事実認定(下)―裁判例の総合的研究―判例タイムズ社1992年小林充,香城敏麿)

 中村国際刑事法律事務所では,痴漢事件の経験豊富な弁護士が多数在籍しており,弁護士が依頼者の救済に全力を尽くします。実際に,証拠不十分で不起訴を勝ち取ることは難しい電車内での痴漢事件に関し「やっていない。」と冤罪を訴えた依頼人について当事務所の弁護士が弁護を担当し,検察官を説得することに成功し,証拠不十分として,不起訴となった成功事例があります。
 痴漢で逮捕され弁護士をお探しの方,中村国際刑事法律事務所に今すぐお電話ください。弁護士が迅速に対応いたします。弁護士への電話相談および来所相談は無料です。


「痴漢」に関する取扱い分野

痴漢事件で逮捕されたら

痴漢(迷惑防止条例違反)の弁護士費用は,ご利用しやすい価格で  ご利用しやすい,分かりやすい費用体系でご依頼者様を強力弁護します。  また,「クレ ...

「痴漢」に関する法律相談Q&A

「痴漢」に関する刑事弁護コラム

痴漢の判例

東京簡易裁判所平成12年1月7日 事案の概要  被告人が,走行中の電車内において,被害者の着衣の上から,手指でその臀部付近を触って揉んだという東京 ...

「痴漢」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「痴漢」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。