勾留と拘留の違いとは|拘留の科刑状況とあわせて詳しく解説!|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

勾留と拘留の違いとは|拘留の科刑状況とあわせて詳しく解説!

刑事弁護コラム 勾留と拘留の違いとは|拘留の科刑状況とあわせて詳しく解説!

勾留と拘留の違いとは|拘留の科刑状況とあわせて詳しく解説!

拘留と勾留の違いとは|拘留の科刑状況とあわせて詳しく解説! 突然ですが,あなたは「勾留」と「拘留」の違いを説明できますか?
 どちらも読みは同じ「こうりゅう」です。日常でもニュース番組や新聞で目にする言葉です。何となく漢字から「法律に関する用語であること」や「人を一定期間捕まえておく」というような意味合いが想像できそうですね。
 ちなみに「勾留」は「かぎこうりゅう」,「拘留」は「てこうりゅう」と呼んで区別することがあります。覚えておくと役立つかもしれません。
 しかし,いざ双方の意味合いの違いを説明するとなると頭を抱える方もいらっしゃるかと思います。どちらも同じ意味なのでしょうか。それとも別の意味なのでしょうか。
 勿論「勾留」と「拘留」は誤字ではありません。いずれも法律の専門用語で似通っており,非常に間違えやすい言葉となっていますが,それぞれ別の意味合いを持っています。
 以下よりその違いについて詳しく解説してまいります。

まず「勾留」とは?その意味をわかりやすく解説!

 勾留とは,逮捕された被疑者あるいは被告人の逃亡や証拠の隠蔽を防ぐために,刑事施設に留置して身柄を拘束することを言います。つまり,「勾留」それ自体は刑罰ではないのです。なお,新聞用語では「勾留」のことを「拘置」と表現することがあります。
 逮捕されると警察による取調べや捜査が行われますが,容易に被疑者を釈放してしまった場合,逃亡や証拠隠滅を図る可能性があります。
 殺人,強盗等の重大事件の被疑者は特に,少しでも罪を軽くするために逃亡や証拠隠滅を行うおそれがあると判断されます。
 そのような理由により,逃亡や証拠隠滅のおそれのある被疑者に対して,たとえ判決が下される前であっても身柄を拘束(勾留)すべきと考えられているのです。

次に「拘留」とは?勾留との違いを解説!

 拘留とは,日本の刑罰の一種を指します。その内容は,「1日以上30日未満」の一定期間,刑事施設に収監するというものです。刑事施設とは,法務省が管轄する刑務所や拘置所,または警察が管理する留置場のことです。
 拘留は刑法第9条に,その内容については刑法第16条に定められています。

刑法第九条

 死刑,懲役,禁錮,罰金,拘留及び科料を主刑とし,没収を付加刑とする。

刑法第十六条

 拘留は,一日以上三十日未満とし,刑事施設に拘置する。

 更に詳しく言うと,拘留は「自由刑」の一種となります。ここでまた見慣れない単語が出て来ましたね。自由刑とは,罪を犯した者の身柄を拘束することを内容とする刑罰です。現在の法律で自由刑は,懲役,禁錮,拘留の3種類となっています。懲役,禁錮,拘留の順で重くなっており,自由刑のうち最も拘束期間が短いものが拘留です。
 しかし,拘留を執行猶予とすることはできないため,必ず実刑となります。懲役や禁錮には執行猶予とすることができます。
 また,懲役とは異なり作業を強いられることはありませんが,受刑者の申出によっては作業を認められることがあります。
 ちなみに自由刑は,罪を犯した者の生命を奪う「死刑」,金銭を奪う「財産刑」等と区別されます。他にも鞭打ち等で身体を傷つける「身体刑」,名誉や社会的地位を奪う「名誉刑」が他国には存在しますが,現在の日本には存在していません。

勾留された場合,どうなってしまうの?

 逮捕後,最大48時間以内に警察官は検察官へ送致する手続きを行います。更にそこから24時間以内に検察官は,被疑者を引続き留置場で身体拘束(勾留)するのか,釈放するのかの判断をします。ここで検察官が引続き被疑者を勾留すると決めた場合,検察官は裁判官に対して「勾留請求」を行います。その勾留請求が認められた場合,被疑者は10日間,引続き勾留されることとなります。
 続いて検察官が勾留延長請求を行い,これも認められた場合,更に最大で10日間勾留されることとなります。
 逮捕され,勾留されることによって,最大で23日間も身柄を拘束されることとなってしまうのです。

拘留の科刑状況について

 過去6年間での科刑状況は以下の通りです(法務省「検察統計 統計表」より)。

  • 2011年 8人
  • 2012年 5人
  • 2013年 4人
  • 2014年 4人
  • 2015年 5人
  • 2016年 6人

 上記の統計でわかる通り,近年では年に数名程度となっています。拘留の科刑件数は,年間数百から数十万件と出ている他の判決に比べて非常に少ないです。一体何故でしょうか。
 拘留判決が少ない理由として,「拘留の期間が短いこと(1日以上30日未満) 」や判決前である「勾留期間も拘留の対象期間に含まれること」が考えられます。
 逮捕されてから起訴に至るまで最大で23日がかかります。更に,起訴された後から裁判まで大体1ヵ月程かかります。このように,裁判前の時点で既に29日以上勾留されている場合,拘留判決とはならないのです。
 ちなみに,戦前における拘留判決は年間400件程度もありました。当時は微罪に対して裁判を行うことなく拘留判決を下すことができたため,拘留は非常に多用される刑罰となっていたのです。しかし,戦後は減少の傾向にあり,現在に至ります。

刑罰として拘留が存在する罪名の例

 一般的に,各種法令の軽微な違反に対する罰則に多く定められています。例えば,以下が例となります。

  • 公然わいせつ罪(刑法174条)
  • 暴行罪(刑法208条)
  • 侮辱罪(刑法231条)
  • 軽犯罪法違反
  • 酒に酔って公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律 4条違反

上記で述べた例のほか,法令の軽微な違反に対する罰則規定に多くなっています。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。「勾留」と「拘留」,一見似通っているようで意味合いは異なっていましたね。
 簡単におさらいしますと,勾留は逮捕後における一定期間の身柄拘束のこと,拘留は一定期間刑務施設に収監するという刑罰の一種です。
 また,拘留の受刑者は他の刑罰と比べると非常に少なく,比較的軽微な罰則に定められていることもわかりました。拘留が比較的珍しい刑罰である理由の1つとして,勾留が関わっていましたね。
 詳しく説明してまいりましたが,恐らく日常生活ではあまり使われないので,「勾留は刑罰ではない,拘留は刑罰」と認識しておく程度でも良いと思います。この記事を一通り読んだ方は,勾留と拘留の違いの説明に頭を抱えることは恐らくないでしょう。



「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

少年に対する処分

付添人の審判結果に与える影響の大きさ  これまで説明してきたように,少年事件における弁護士の役割は刑事事件における弁護士の役割とは異なることから,弁 ...

保釈を獲得するためには

保釈とは  保釈とは,起訴後に勾留されている被告人を,保釈保証金を提供することによって釈放することを言います。  保釈保証金それ自体は,裁判終了時 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。