抽象的危険犯(ちゅうしょうてきかくしんはん)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

用語集 用語集

抽象的危険犯(ちゅうしょうてきかくしんはん)

 一般的・抽象的に危険な行為が規定・要求されている犯罪。刑法108条の現住建造物等放火罪(現に人が住居に使用していれば,犯行時に内部に人がいる必要はなく,刑法110条のような公共の危険の発生も不要)などが例として挙げられる。(⇔具体的危険犯)


tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。