脳死説(のうしせつ)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

用語集 用語集

脳死説(のうしせつ)

 全脳死をもって人の死とする考え方。我が国では伝統的に三徴候説(①心臓の停止,②呼吸の停止,③瞳孔散大・対光反射の消失を総合して死を判断する考え方)が取られてきた。しかし,近年において生命維持治療の進歩,特に人工呼吸器の利用により,脳の機能が失われても心臓を動かし続けることが可能となったため,脳の死をもって人の死とする考え方も刑法学者の支持を集めている。


tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。