用語集

水道汚染罪

水道により公衆に供給する飲料の浄水又はその水源を汚染し、よって使用することができないようにした者は、6月以上7年以下の懲役となる(刑法143条)。
 「水道」とは、浄水をその清浄を保持しつつ一定の地点に供給するための人工的設備をいう。「公衆に供給する飲料の浄水」とは、不特定または多人数に飲料として供給されるべき浄水であって、その供給するための途中にあるものをいう。「水源を汚染する」とは、水道に流入する以前の貯水池、浄水池など水道に流入すべき水の清潔状態を失わせることをいう。
(刑法講義各論新版第2版 大谷實p399)

用語集トップへ戻る