アルバイトインタビュー(東京事務所で働くA.Yさんの場合)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

アルバイトインタビュー(東京事務所で働くA.Yさんの場合) アルバイトインタビュー(東京事務所で働くA.Yさんの場合)

アルバイトインタビュー(東京事務所で働くA.Yさんの場合)

 2018年某日,東京事務所でアルバイトとして働くA.Yさんにインタビューを行いました。A.Yさんは現在法科大学院(ロースクール)生であり,どの質問に対しても真摯かつ丁寧な回答をいただいたのが印象的で,充実したインタビューとなりました。

何故NICDのアルバイトに応募したのですか?

 まずアルバイトを探すにあたり,せっかくなら将来の糧になることをしたいと考えていました。そして,自分は弁護士を志しているので,学生のうちに実務に触れることができれば経験としてこれ以上のものはないと考え,法律事務所のアルバイトを探すに至りました。ネットで検索をし,いくつかの事務所を比較しましたが,中でもNICDは働く場を提供してくださるにとどまらず,学ぶことも強く奨励しており,学生であることを最も尊重している点が求人サイトに強く表れていたため,そこに惹かれて応募を決めました。

NICD以外の法律事務所でのアルバイト経験はありますか?

 短期でのアルバイト経験はあります。しかし,それはNICDでのアルバイトをはじめた後の話なので,NICDのアルバイトをはじめる上での比較材料になったわけではありません。

A.Yさんは法曹志望とのことですが,法曹を志したきっかけは何ですか?

 子供の頃からテレビドラマ等で弁護士を目にする機会が多く,漠然と「かっこいいな」と思っていました。次第に「話すこと」を仕事にしたいと考えるようになり,弁護士・教師・アナウンサーが選択肢に残りました。同じ「話すこと」でもそれぞれ,助けること・教えること(育てること)・伝えることに目的が別れますが,助けることに一番魅力を感じたため,やはり弁護士を志すことに決めました。高校在学中にそこまで決まっていたので,大学受験では法学部しか受験しませんでした。

NICDでのアルバイト経験が日常で役立ったことはありますか?

 まず,勉強面においては,言うまでもなく座学で学ぶより効率的に実務の流れがつかめます。私の場合,アルバイトを始めた当初刑事訴訟法は未履修だったのですが,ここでの経験を踏まえて授業に臨んだところ,他の科目とは段違いで理解が速かったことを覚えています。また,ロースクール進学後は実務科目を履修しましたが,刑事実務については「これ知ってるぞ」ということが多々あり,ここでの経験に大変助けられました。
 また,日常的なスキル面においては,基本的なビジネスマナーを身に着けることが出来ました。比較的社会に出る時期が遅くなる法曹志望者にとって,これを身に着けることができる環境は滅多にない貴重なものだと思います。もちろん,一般企業に就職する方にも,ここで身に着くビジネスマナーは大きな財産になるのではないでしょうか。

NICDでアルバイトをするメリットはありますか?

 他の法律事務所で働いている人の話と比較すると,ここまで実務の最前線に立たせてくれる事務所はないと思います。なぜならNICDでは,事件の最初の窓口となる相談電話対応をアルバイトが一手に任されるからです。相談電話で当事者(相談者)の生の声を聞き,その事案を先生方がいかに対応するかを垣間見ることができるのは,学生時代の勉強は無論,自分が実務家になった時にも活きる大きなメリットだと思います。
 また,アルバイトには法曹志望者が多数おり,ほぼ毎年合格者を輩出しているため,同じ道を志す人にとっては試験の情報や勉強法などを聞ける等,とてもいい刺激を受けることができます。

NICDでアルバイトをしていて大変だったことはありますか?

 刑事弁護はスピードが命となる場面が多々あるため,先生方の書類提出にあわせてアサインメント(文献のリサーチ等)を急ピッチでやるなど,時間に追われる仕事が来たときは大変だなと思います。逆に言えば,この臨場感は座学では決して体感できることではなく,リサーチ等は将来的に必ず役立つものであるため,大変と感じることはあれど,決して嫌とは思いません。

東京事務所の印象を一言で教えてください。

 とにかくにぎやかです。弁護士,秘書,アルバイト間に必要以上の隔たりがない,和気あいあいとしているアットホームな職場です。入所したてで不慣れな時期から,皆さんはあたたかく受け入れてくださりました。

中村先生の印象を一言で教えてください。

 太っ腹…というのは冗談(?)で,一言で表すとすれば「武士(もののふ)」でしょうか。

NICDでアルバイトをしていて嬉しかったことは何ですか?

 先生方が優しく,労ってくださったことです。こちらとしては仕事として当然のことをしているだけなのですが,それでも「お疲れ様。君たちのおかげで弁護活動に専念できるよ。」と声をかけてくださった時は,本当に嬉しかったです。
 あとは時給が上がったときです。NICDは就労年数よりも,努力を評価してくださる傾向があると思います。

最後にアルバイトを目指す方にメッセージをお願いいたします。

 他の法律事務所との比較で迷っている方がいるかも知れませんが,そうであれば間違いなくNICDをおすすめします。ここでのアルバイトは,お金では換算できないことを多く経験できます。
 私は飲食や家庭教師,イベント系など他のアルバイト経験もありますが,法曹を目指すにあたり,働くことと勉強を両立させたいのであれば,間違いなくNICD以上の職場はないと思います。是非,一緒に働きませんか。


「インタビュー」に関するインタビュー/感想文

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。