サマーアソシエイト 参加者感想文 I.Sさん(2016年)(早稲田大学卒)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

サマーアソシエイト 参加者感想文 I.Sさん(2016年)(早稲田大学卒)

インタビュー/感想文

サマーアソシエイト 参加者感想文 I.Sさん(2016年)(早稲田大学卒)

はじめに

 刑事弁護に携わるべく法曹を志していた私は,ウインターアソシエイトでNICDの雰囲気や先生方の刑事弁護に対する姿勢に魅力を感じ,サマーアソシエイト(SA)にも応募させていただきました。膨大なアサインが課され,厳しく指導されるという評判を耳にしていたため緊張もありましたが,NICDの業務を体験できることに対する期待を抱いて,SAの初日に臨みました。

アサイン

 SAの時間の多くは,所内の先生方から課されるアサインの起案に費やされます。私の場合は,専門家証人の尋問事項案,控訴趣意書,付添人意見書,組織詐欺についての量刑リサーチなどを起案する機会をいただきました。これまで実務上の書面の起案の経験の無かった私は,初めは形式面すら分からず戸惑ってしまったことを覚えていますが,先生方は質問に伺えば何でも丁寧に答えて下さったので,先生方からのアドバイスを得て,何とか全てのアサインを消化することが出来ました。
 NICDのSAの特徴の一つは,割り当てられたアサインの題材が,どれも現に進行中の生の事件である点だと思います。先生方が現に担当している事件ですから,質問すればアサインの内容に限らず,事件の経緯や今後の方針について詳細に教えてもらえるため,刑事弁護のいろはを学ぶことが出来ます。時には,事件について意見を求められることもあり,真面なことが言えないときは,自分自身の知識不足や浅はかさを思い知らされましたが,毎日24時間,事件ついて考えて抜くことで,刑事弁護に対する知見が徐々に深まっていくのを実感しました。

実務体験

 SAのプログラムは,書面の起案に留まりません。私は,弁護士の先生を被疑者役として,模擬接見を行う機会をいただきました。予め先生から,5W1Hを意識して,オープンクエスチョンでなるべく被疑者の口から事件を語らせることが重要だと伺っていたので,その教えを実践しようと試みましたが,言うは易く行うは難しで,被疑者の口から真実を語らせることは出来ませんでした。模擬接見の他にも,検察官役として弁解録取を行う機会もありましたが,いずれにおいても,疑問点を被疑者に素直にぶつける姿勢が足りないと指摘され,実力不足を痛感させられました。
 また,プログラムの終盤には,電話相談の対応にも当たらせていただきました。その際には,電話の向こうに現に助けを必要としている市民の方がいると思うと,受話器を持つ手に自然と力が入ったような気がします。相談者の方は,底知れぬ不安から,事実関係を次々と話される場合が多かったので,なるべく重要な情報だけを聞き出して事案を把握することは簡単ではありませんでした。今では,受話器で聞いた,弁護士の助けを求める相談者の方の必死の声色が強く印象に残っており,早く弁護士として彼らを救えるようになりたいと心の底から思いました。

その他のプログラム

 2週間のうち,毎週金曜日には英語セッションがありました。NICDは,外国人の依頼者の事件も多く抱えており,英語の相談電話がかかってくることもあります。英語セッションでは,NICDの弁護士やスタッフの方々に毎週英語を教えに来て下さるネイティブの先生と会話させていただき,今後の英語の勉強法についてアドバイスを貰いました。所内では,弁護士の先生が外国人の依頼者と英語で通話する姿も見受けられ,そのあまりの流暢さに感服するばかりでした。外国人の方は,日本の刑事手続に対する理解の薄い方も多く,弁護士の助けを強く必要としているため,私も今後は英語力を高め,いずれはNICDの先生方のようになりたいと考えています。

事務所の雰囲気

 NICDのSAは,2週間という比較的長期のプログラムですから,所内で業務をこなしていく中で,事務所の雰囲気を肌で体感することが出来ます。私がSAを終えて感じたNICDの雰囲気を一言で表すと,和気藹々です。もちろん,刑事弁護は迅速さが何よりも重要で,常に依頼人の心の奥底と対面する仕事ですから,先生方の神妙な面持ちを目にすることもありました。一方で,先生方には沢山気さくに話しかけていただきましたし,時には冗談を言って笑い合うこともありました。スタッフやアルバイトの方々も皆感じの良い方ばかりで,NICDの全員が一枚岩となって依頼人のために全力を尽くされている姿が非常に印象的でした。私自身,2週間ではありましたが,そのうちの一人としてNICDに携わることが出来て非常に幸運だったと感じています。

終わりに

 プログラムを終えた時,私はもっとこの事務所で仕事をしたいと率直に思いました。初めて刑事弁護実務に触れた2週間はあっという間で,非常に充実した時間を過ごさせていただきました。ご多忙の中,何度質問に行っても丁寧にアドバイスして下さった,弁護士の先生方やスタッフの皆様方には,心から感謝しています。今後は,SAで見つかった課題の克服を目標に,努力していこうと考えています。
 2週間お世話になりました。NICDの皆様,有難うございました。


「採用情報」に関するインタビュー/感想文

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。