サマーアソシエイト 参加者感想文 K.Sさん(2013年 ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

サマーアソシエイト 参加者感想文 K.Sさん(2013年)(慶応ロー卒)

インタビュー/感想文

サマーアソシエイト 参加者感想文 K.Sさん(2013年)(慶応ロー卒)

 私の第1志望は検事なのですが,NICDのホームページに掲載されている中村先生による「NICD設立の趣意」を読んでNICDに興味を抱き,サマーアソシエイト・プログラムに応募しました。このように私が検事志望だったということもあり,プログラム期間中,中村先生は,検事になったときにどうすれば良い仕事ができるか,また良い書面が起案できるか等についてもお話してくださり,他では得難い経験を得ることができました。
 プログラム期間中のアサイメントは,中村先生が弁護人を務める裁判員裁判事件の判決書起案に始まり,その後は検事に対する勾留請求の回避を求める意見書,裁判官に宛てた勾留請求却下を求める意見書,保釈請求書,また被疑者の供述調書など,様々な書面の作成にチャレンジさせていただきました。起案の度に先生からコメント・修正をいただき,各書面の性質に応じて注意すべき点等を学ぶことができました。先生による修正後の起案には,事実の着眼及びそれに対応した主張から,細かな表現に至るまで,私の起案とのレベルの違いを痛感させられ,チェックをいただく度に「どうすれば先生の起案に近づくことができるか」を考え,実践に移そうと努めました。先生から「少し良くなりました」とのコメントをいただいたときは,それだけで嬉しくなったものです。
 また,何度か被疑者・被告人の方との相談の場にも立ち会わせていただきました。私の立ち会った被疑者の方の中には,被疑事実を完全に否認している方はいなかったので,正直に言えば「自業自得」だろうというのが最初感じたことでした。しかし,相談を聞く中で,今後の刑事手続の中で自分やその家族,また会社がどうなっていくのかについての被疑者のどうしようもない不安もひしひしと感じられ,なんとかして被疑者の方の力になってあげることができないかという思いも芽生えました。刑事手続に乗せられた途端に,普通の日常生活を送っていた被疑者は突然社会的弱者になってしまいます。このような被疑者への配慮は,刑事弁護をする際はもちろん,仮に将来検察官として被疑者を取り調べる側になるにしろ,忘れないでいようと思います。
 事務所の雰囲気に話を移しますと,NICDはとてもアットホームな雰囲気で居心地の良いものでした。代表弁護士の中村先生は元検察官であり,さらにNICDは元刑事の方をも擁しているということで,サマーアソシエイトとして勤務する前はどんなに張り詰めた事務所だろうとかなり気張っていました。しかし,実際に一緒に働いてみると,緊張感はあったものの,先生も事務職員の方も気さくな方々ばかりで,私の質問には懇切丁寧に答えていただき,とても充実した日々を過ごすことができました。
 最後に,今後NICDで(サマー)アソシエイトとして働きたいと考えている方や検事志望の方に向けて,そして何より私自身に向けて,私がプログラム期間中に中村先生からいただいたメッセージを引用して締めくくりたいと思います。
 「検事も刑事弁護士も,いつでもどんなときでも,何をしていても,事件のことを考え,事件を抱きしめていて,事件を可愛がっていて,事件にすべてを捧げるということなのです。周囲の人にヤキモチを焼かれるくらい,自分の事件を愛して下さい。いい仕事ができるはずです。」


「採用情報」に関するインタビュー/感想文

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。